« サプライズ | トップページ | 脅威か、好機か »

2016年12月15日 (木)

なぜ中小企業に保険が必要か

所長です。

先日、TKC関東信越会企業防衛委員会に出席しました。

Tkc201612a

中小企業において、経営者がトップセールスマンであり、一番の技術者であり、かつ総務まで兼任している会社は少なくありません。

そんな経営者の身に万が一のことが生じたら、会社や社員、家族はどうなるでしょうか?万が一が起きても会社を存続させるにはどうしたらよいでしょうか?

資金を潤沢に持つ
後継者が万全の体制でスタンバイしている

これは簡単そうに見えて、実はとても高いハードルです。しかも実現できたとしても時間がかかります。そこで保険の活用が必要になるのです。

最近では死亡保障だけでなく、重大疾病などに備えた生存保障まで守備範囲が増えましたから、会社の状況に応じて活用すべきですね。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

« サプライズ | トップページ | 脅威か、好機か »

研修会・会議」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« サプライズ | トップページ | 脅威か、好機か »