« 火つけ役 | トップページ | 西湖キャンプ »

2016年10月21日 (金)

書面添付とマイナンバー

所長です。

昨夜は税理士会の研修会でした。

今回のテーマは「書面添付」と「マイナンバー」。どちらも世間の会計事務所が、その取扱いに頭を悩ませているものです。

Kz201610d

「書面添付」とは申告書が適正に作成されている旨を、税理士が申告書に自身の意見として添付するものです。いわば「太鼓判」です。

この書面添付がついている申告書について、税務調査を実施する際は税理士と面談(意見聴取)を行った上でなければ実施できないことになっており、一般的には税務調査の確率が下がると言われています。

しかし、虚偽記載があった場合は税理士に処分が下される為、「あえてリスクを犯せない」と慎重になっている税理士が多いのが実態です。ちなみに、当事務所では月次巡回監査を実施している法人については全社、書面添付を実施しています。

二つ目のテーマである「マイナンバー」。未だにその全貌が見えません。一体、マイナンバーがもたらす利便性とは何なのか?分からないまま、運用だけが開始されています。今年の年末調整と法定調書から社員のみならず、地代家賃を支払っている地主のマイナンバーも集めなければなりませんから注意が必要なのです。

 

------------------------------------------------
「夢への挑戦!」元ディズニーキャストの加賀屋克美氏の講演。
「リーダーズカフェ2016」で体感して下さい!!

詳しくはこちらから
http://www.kobazei.com/
------------------------------------------------

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

« 火つけ役 | トップページ | 西湖キャンプ »

研修会・会議」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 火つけ役 | トップページ | 西湖キャンプ »