« 人財育成について考える | トップページ | ディズニーイースター »

2016年3月28日 (月)

学び続ける

所長です。

先日、埼玉中小企業家同友会、西部地区会3月例会に出席しました。

Doyu201603c

当会では毎月、「経営体験報告」+「グループ討論」という形式で例会(学習会)を実施しております。

あくまで「報告」であり、「講演」ではありません。そのため、講師の話を聞いて、「いい話だった」で終わることが許されません。「報告」をもとに「討論」し、インプットとアウトプットを繰り返し、理解するだけでなく、腹落ちさせることが重要となります。

理解だけにとどめず、腹落ちまで求められるのは何故か?それは最終的には「実行」して、自社の経営に活かすためです。理解だけでは実行せず、結局、話だけ聞いて自社の経営には何も活かされないのでは無意味だからです。

今は企業経営にとって、とても難しい時代です。店を構えただけでは、商品を並べただけでは、物は売れません。たとえ売れたとしても、利益が出る保証はありません。

どうしたら物が売れるか、どうしたら利益が出るか、そして、どうしたらそれを継続できるのか。学び続けなければならないのだと思います。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

« 人財育成について考える | トップページ | ディズニーイースター »

研修会・会議」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 人財育成について考える | トップページ | ディズニーイースター »