« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月31日 (木)

消滅する会計事務所

所長です。

今日は年度末。今日と明日でまったく違う生活になる方も多いでしょうか。

さて昨日はTKC年度重要テーマ講師団研修に出席しておりました。TKC全国会では毎年、TKC会員(税理士、公認会計士)向けに特定のテーマを選定し、全国一律で大規模な研修会を実施しております。その研修会で講師を務める者のための研修会が今回の企画です。

Tkc201603a

全国の講師陣が一堂にそろうとなかなかの壮観でしたが、その中の一人に加わる責任感も同時に感じます。

今回は「徐々に普及しつつあるインターネットを利用した会計ソフト」を切り口に、今後の会計事務所のあり方について考えて頂ける内容となっています。

これまで「記帳代行」という業務が会計事務所の基幹業務でした。しかし、インターネットバンキング等と連動することで入力作業なしで帳簿作成できる機能を備えた会計ソフトが出現したことで、この記帳代行という業務が将来的に消滅する、と言われています。

さて、これからの会計事務所には何が求められているのでしょうか?

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2016年3月30日 (水)

うなぎぱいファクトリー

職員の宮司です。

静岡土産と言えば夜のお菓子「うなぎパイ」を想像する方が多いと思います。以前テレビで工場見学人気ナンバー1になっていてずっと気になっていた、静岡県浜松市にある「春華堂」へ工場見学に行って来ました。

Miyaji201603a

おなじみのうなぎパイがどのように作られているのか?無料で見学することができます。

Miyaji201603b

材料から出荷までの工程を映像で楽しむこともできますし、実際にパイが焼ける様子や作業員の方が製品をチェックしている様子等を見学する事もできます。

Miyaji201603c

またなぜ夜のお菓子なのか?といったちょっとした疑問に答えてくれるコーナーもありました。予約なしでも楽しめますが、事前に予約すればガイドによる案内も受けられるとの事です。

Miyaji201603d

誰でも楽しみながら学べる工夫がしてあり、さらに来場記念にうなぎパイのおみやげも頂けますので、人気になるのが分かる気がしました(^^)v

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2016年3月29日 (火)

ディズニーイースター

所長です。

先日、「今年初」の東京ディズニーランド(以下、「TDL」)に行きました。去年のハロウィン以来ですから、私にしては間隔が空きました。

Tdl201603a

現在、TDLではディズニーイースターの真っ最中。そこかしこにイースターをイメージしたデコレーションが。

Tdl201603b

しかし、今回の私の一番の目玉はこれでしょう。スターツアーズの期間限定バージョン。スターウォーズの新作「フォースの覚醒」の映像が使用されて、人気になっています。

Tdl201603c

映画での興奮がよみがえる内容でしたが、やはりアトラクションとしての完成度は通常版の方が上でしょうか。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2016年3月28日 (月)

学び続ける

所長です。

先日、埼玉中小企業家同友会、西部地区会3月例会に出席しました。

Doyu201603c

当会では毎月、「経営体験報告」+「グループ討論」という形式で例会(学習会)を実施しております。

あくまで「報告」であり、「講演」ではありません。そのため、講師の話を聞いて、「いい話だった」で終わることが許されません。「報告」をもとに「討論」し、インプットとアウトプットを繰り返し、理解するだけでなく、腹落ちさせることが重要となります。

理解だけにとどめず、腹落ちまで求められるのは何故か?それは最終的には「実行」して、自社の経営に活かすためです。理解だけでは実行せず、結局、話だけ聞いて自社の経営には何も活かされないのでは無意味だからです。

今は企業経営にとって、とても難しい時代です。店を構えただけでは、商品を並べただけでは、物は売れません。たとえ売れたとしても、利益が出る保証はありません。

どうしたら物が売れるか、どうしたら利益が出るか、そして、どうしたらそれを継続できるのか。学び続けなければならないのだと思います。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2016年3月25日 (金)

人財育成について考える

職員の今井です。

昨日、ビスタワークス研究所主催の示道塾公開講座に行ってきました。

Shido201603a

ネッツトヨタ南国㈱の採用担当の方々から、人財育成について基本的な考えを学び、また若手社員から自身の体験談などを語っていただき、育てる側と育てられる側の双方の立場から学び考えるという内容でした。

講義あり、トークセッションありと盛り沢山で、多くの気付きがありました。

Shido201603b

「人を育てる」ってどういうことでしょう?私自身、職場で常に悩み考え続けているテーマです。

講座の中でひとつ気付いたことは、「教える」とか「育てる」という言葉は、どこか上から目線で、おこがましくて、暴力的だということです。そういう立ち位置だと、後輩など人の心を動かすことは出来ないのだと思いました。

そもそも職場において「人の心を動かす」「人を変える」ということが出来るのでしょうか?

他人を劇的に変えることは出来なくても、「影響を与える」ことは出来るかもしれません。人は、家庭や職場や社会で、その係わりを通して、相対し、助け合いながら生きているからです。

人に良い意味で影響を与え、愛を持って支え合い、育み、成長し合える職場づくりというのが、真の「人財育成」ということなのかなと思いました。

人に影響を与える存在というのは、自身を磨き上げ、修練し続けている人。

私はまだまだ修行が足りんのう・・・ということに改めて気付き、そして励まされ、これから自分はどうしたら良いのかなどを深く考える時間となりました。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2016年3月24日 (木)

心の鍛え方

所長です。

昨年のW杯での活躍以降、盛り上がりをみせる日本ラグビー界。その陰の立役者ともいえる日本代表チームのメンタルトレーナー、荒木香織氏著の「ラグビー日本代表を変えた心の鍛え方」。

Kokorokitae

著者は「ストレス耐性」と「メンタルの強弱」は別物と言います。スポーツ歴のある人(特に活躍した人)は「メンタルが強い」と思われている風潮がありますが、それはストレス耐性が強いだけで、メンタルが強いわけではないようです。

そこでメンタルを鍛える必要が出てくるのです。昨今のスポーツ業界ではメンタルトレーナーが帯同することも珍しくありません。

著者はラグビー日本代表チームのメンタルトレーナーとして、どう選手達と向き合ったのかが本書で綴られています。最も有名なエピソードとしては五郎丸選手のルーティンをつくりあげた話でしょうか。(これはTVのドキュメンタリーで放送されていましたね。)

メンタルを鍛える必要があるのは何もスポーツに限ったことではありません。職場にも応用できる話ですし、特に最近の若手社員に対しては十分気を付けないといけないでしょうね。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2016年3月23日 (水)

淀川生命

所長です。

視聴率絶好調のNHK朝ドラ、「あさが来た」。

今日は加野屋最大の事業、淀川生命の誕生が描かれました。

Asa20160323b

ご存知の方も多いと思いますが、劇中の淀川生命は大同生命のことです。

経営基盤を強化するため、経営難の生命保険会社2社を合併しようと動きますが、3社合併ともなると一筋縄ではいきません。しかし、「小異を捨てて大同につく」理念のもとに3社は合併され、「大同小異」のことわざから名をとり、大同生命が誕生しました。

Asa20160323a

劇中ではあっさり3社合併が決まりましたが、このエピソードをしっかり触れると実社名が出てしまうので、仕方なかったのでしょうね。

ちなみに劇中の加野屋の場所には現在、大同生命の本社となっています。今なら、あさのモデル、広岡浅子由来の展示物を観ることもできるので、大阪に行かれた際は立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2016年3月22日 (火)

保険で得する人はいない、しかし、

所長です。

先週、熱海で開催されたTKC全国会企業防衛委員会、全国合同推進会議に出席しておりました。

Daido201603a

保険の活用で中小企業のリスクマネジメントをはかる「企業防衛」の取り組み。その源流は今放送されている朝ドラ、「あさが来た」でも描かれています。

今回の会議の中で特に印象に残った言葉がこれです。

「保険で得する人はいない。しかし、保険で助かる人はいる。」

これぞ本来、相互扶助の精神でつくられた保険の原点です。しかし、保険の原点を忘れて「損得」に価値観を求める人が多い気がします。

そして、「企業防衛」の源流は経営母体の弱い中小企業の保護。その価値観は「損得」ではなく「尊徳」であるべきです。

さて、貴社が契約している保険契約は果たして「損得」でしょうか、「尊徳」でしょうか?

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2016年3月18日 (金)

NASAより宇宙に近い町工場

所長です。

植松務氏著の「NASAより宇宙に近い町工場」。

Uematsunasayori

著者は北海道でリサイクル用のマグネットを製造する会社を経営しています。そして、その傍ら宇宙開発を行っています。

会社の規模は社員20名の中小企業。普通、宇宙開発といえばNASAやJAXAといった国家的な研究施設か世界的大企業がやるもの、というイメージがあります。

しかし、現実に社員20名の地方にある中小企業が世界で3つ目の無重力の実験設備を備えており、NASAから人が来るまでになっています。

著者は「どうせ無理」という言葉が嫌い、と言います。「中小企業だから宇宙開発なんて無理」と大抵の人は思うかもしれません。しかし、「だったらこうしたら?」と建設的に考えることによって、一見不可能に思えることでも実現できるかもしれません。

著者の言動は多くの人に勇気を与えてくれます。今日からは皆様もぜひ、「どうせ無理」なんて言わずに、「だったらこうしたら?」と考えて、行動してみませんか?

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2016年3月17日 (木)

キャストの仕事

所長です。

ディズニー本、植物ガイドに続いてご紹介するのは「キャストの仕事」。

Disneycast

本書は東京ディズニーリゾート(以下、TDL)で働いているキャストを紹介する本です。植物ガイド同様、こちらもアトラクションやショーの紹介はありません。

現在、2万人ものキャストが働いているTDL。本書を読むと、ただ「大勢の人が働いている」というだけではなく、「TDLのキャストには、こんなにも多くの種類(職種)があるのか」と驚かれることでしょう。

ゲストの目に触れることのないキャストも大勢います。しかし、その一人一人がプロ意識を持ち、働いていることでゲストは「夢と魔法の国」を楽しむことができるのです。

でも、これはTDLだけの話ではなく、どの会社にも言えることではないでしょうか。社員一人一人がプロ意識を持ち、働いたら、どれだけ素晴らしい会社になるでしょうか。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2016年3月16日 (水)

すべての変革は社員との共有

所長です。

先日、埼玉中小企業家同友会、川越・むさし野地区会合同例会に出席しました。

今回の報告は大阪同友会の中井深氏、「すべての変革は社員との共有」。

Doyu201603b

中井氏は大阪で飲食店を数店舗、経営されています。当初は「独立希望」の若者を採用し、数年後に辞めていく(独立する)のサイクルを続けていました。しかし、バブル景気がはじけて以降、徐々に経営が思うようにいかなくなります。

気が付けば、社員の就業年数は平均3年ほど。そもそも独立志向の人を採用していたのだから当たり前なのですが、これでは何年やっても会社として成長しないことに気付きました。

その後、定年まで働いてくれるようにと新卒雇用に切り替え、経営指針もつくりますが空回り。しかし、徐々に歯車が噛み合ってきます。

それは「共育」。社員とのコニュニケーションの質と量を増やし、情報や経験を「共有」することで共に育つ場づくりができるようになったのです。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2016年3月15日 (火)

確定申告、最終日

所長です。

今日は3月15日。そうです、確定申告の期限です。

Incometax201603

確定申告が必要な方、無事済みましたか?

もし、まだの方がいらっしゃったら、一日でも早く申告を済ませましょう。延滞税が少なく済みます。

還付申告の方は明日以降でも大丈夫ですが、還付金の振込みを早く受けるためには一日でも早く申告を済ませた方がよいでしょう。

納税は国民の義務ですから、毎年きちんと申告を行いましょう。来年はよりスムーズな申告のため、早めのご準備をお願い致します。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2016年3月14日 (月)

1日36万円のかばん持ち

所長です。

小山昇氏の新著、「1日36万円のかばん持ち」。

Koyamakaban

著者は本業のダスキン代理店を行う傍ら、中小企業の経営指導も行い、中小企業経営者の中ではカリスマ的存在となっています。

そんな著者に3日間同行できるという特別プログラムが「かばん持ち」。なんと3日間で108万円です。つまり1日36万円。これを「安い」と見るか、「高い」と見るか。

会社経営で最も重要なのは「経営者自身の姿勢」です。長年身についた「悪い姿勢」を矯正するためには、根底から考え方を改めるような強烈な体験が必要です。その強烈な体験をするための108万円なのです。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2016年3月11日 (金)

あれから5年

所長です。

今夜は埼玉中小企業家同友会、今期最後の理事会でした。

Doyu201603a

理事として3年間、理事会に出席しましたが、来年度も引き続き役員として出席することになりました。これも学びの場が頂けると思い、出来る限りの努力をしていきたいと思います。

さて、今日は3月11日。

ちょうど5年前の今日、東日本大震災が発生しました。

あの時、皆様はどこで何をしていましたか?

あの日を経験し、今も生を受けている人々にはそれぞれの使命感があるように思えます。自分に出来る範囲のことで、しっかりとその使命を果たしていきましょう。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2016年3月10日 (木)

あさが来た、新展開

所長です。

今世紀最高視聴率の呼び声高いNHK朝ドラの「あさが来た」。

今週は加野屋の元大番頭が倒れるという展開。主人公あさに続いて「万が一」が身に降りかかります。

家族は安否だけでなく、会社の行く末まで心配事になってしまいます。

Asa201603a

売上が落ちる、借金もある、家計に余裕などない。そんな中で「万が一」が起きたら、それはもう目も当てられない惨状が待っています。

すると加野屋の新事業として生命保険を扱おう、との展開が。

Asa201603b

経営者が保険に加入することで、「万が一」が起きてしまっても、借金を返済し、遺族に退職金を支払い、数ヶ月の運転資金を会社に残すことができます。

実は当事務所で推進している「企業防衛」とはまさにこのことなのです。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2016年3月 9日 (水)

あと一週間です

所長です。

確定申告も残す所あと一週間となりました。

会計事務所業界は今まさに佳境ですね。

今日は川越西文化会館にて、川越市役所の市県民税申告会場の中で、確定申告のお手伝いをしてきました。今シーズン最終出勤日です。

Kz201603c_2

この手の会場でよくいらっしゃる方として、「還付金の振込先口座」の情報を持たずに来場される方。せっかく還付金の計算が完了しているのに、肝心な口座番号が分からずに申告書提出が出来ないのはあまりにも勿体ない。

今年はもうないかもしれませんが、今後、無料相談会場での申告には必ず預金通帳を持参しましょう。

確定申告はあと一週間。まだ済んでいない方はお早めに。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2016年3月 8日 (火)

苺、植えてみました

所長です。

先日、知り合いから苺の苗を分けて頂き、自宅の庭に植えました。

そもそも庭に植えてみたものの、苺の栽培の仕方も分からないので、苺の収穫まで意識できず、なんとか途中で枯れることのないように、と庭先の苺の様子を日々見ていました。

先週末、何気なく見てみると、なんと花が咲いていました。

Ichigo201603a

そもそも、これが苺の正しい咲き方なのかすら分かりませんが、とりあえず咲きました。

こうなったら、一粒でもいいから苺を収穫してみたいですね。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2016年3月 7日 (月)

東京ディズニーリゾート植物ガイド

所長です。

東京ディズニーランドと東京ディズニーシーの中にある138種類の植物を紹介する「東京ディズニーリゾート植物ガイド」。先月、発売になりました。

Disneyflower

本書には東京ディズニーリゾート(以下、TDL)にあるアトラクションやショーの情報はほとんどありません。あるのはひたすらパーク内にある花や木の紹介。

しかし、本書を見るとテーマパークの中にこれだけの種類の植物があることに驚きます。本書に掲載されているだけで138種類ありますが、もちろん未掲載のものもあります。

もちろん、TDLを訪れるゲストのほとんどは目当てのアトラクションやショーに注目しており、パーク内の植物への関心はそれほど高くないでしょう。しかし、植物はパーク内の雰囲気をつくるのに欠かせない存在で、「夢と魔法の国」の演出に一役買っているのです。

そのため、TDLでは植栽にかなりの力を入れています。本書を読んで、TDLを訪れるとより一層、TDLの経営努力を理解できるかもしれません。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2016年3月 4日 (金)

安価な会計ソフト

所長です。

今日は個人事業主の青色申告を対象とした確定申告相談会に出席しておりました。

Kakutei2016a

規模は小さくとも事業ですから、申告書にはしっかりと決算書(損益計算書と貸借対照表)が添付されます。

なかにはご自身で会計ソフトを利用して、決算書と申告書を完成させて会場に持ち込まれる方もいらっしゃいます。一見、良いことのように見えますが、実はこれがくせ者なのです。

当の本人は会計ソフトを利用して、しっかり仕上げてきたつもりです。しかし、会計ソフトを利用したからと言って、正しい決算書と申告書が作れる訳ではありません。会計ソフトの設定ミスや入力ミスがあれば、誤った決算書や申告書がつくられてしまうのです。

会計ソフトの選定は値段ではなく、どれだけフォローが受けられるか、で選ぶべき、と改めて感じました。まあ、中小企業が利用するレベルの会計ソフト料金を捻出できない場合、そもそもビジネスモデル自体に問題があるように思えますが。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2016年3月 3日 (木)

ひな祭り

所長です。

今日は3月3日、ひな祭りですね。

毎年、この時期は確定申告の最盛期なので、あまり「ひな祭り気分」には浸れませんが、気が付くと我が家でもひな人形が飾られています。

Hinamatsuri2016a

これはジョークですが、キューピーひな人形です。ちょっとほっこりしますでしょうか?

女子の行事として定着しているひな祭り。最近では色々なひな人形が売られていて、もはや「内裏」とはいえないものもあるようですが、ひな祭り自体が息長く続いて行けることが大切でしょうね。

今では人形職人もどんどん減っている(しかも高齢化)と言いますし、「伝統を守る」=「旧来のしきたりに固執する」ことではない、ということを認識するべきでしょう。

これはどの仕事にも当てはまることですよね。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2016年3月 2日 (水)

良い値決め、悪い値決め

所長です。

公認会計士の田中靖浩氏著の「良い値決め、悪い値決め」。

Negime

著者は受験学校で講師をしていた時期もあり、実は私も受講生の一人。著作を読むと授業風景がついつい思い出されます。

さて、皆様は「売り値」をどうやって決めているでしょうか?

1,000円のものを500円で売れば、売れるほどに赤字になります。そうかといって10,000円で売ろうとしても実際に売れなければ在庫の山となります。

顧客からも受け入れられて、しっかりと利益も出せる。それが理想的な値決めです。しかし、中小企業の大半ではそれが出来ていません。

商売では商品そのものの品質を向上させることは当然ですが、同時に価値を向上させることも必要です。値段とは商品の品質ではなく、価値観なのですから。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2016年3月 1日 (火)

今日から3月

所長です。

なんと、今日から3月です。

20160301

ほとんどの方が「早いなぁ」と感じていることかと思います。会計事務所にとっては、まさに光陰矢の如し。確定申告真っ只中の現在では、一日一日がとても貴重で、その意味では今年の閏年は神様からのプレゼントのように思えます。

3月とは上述の通り、会計事務所にとっては確定申告があり、そして法人3月決算を控えている重要な月です。一般的にも年度末ということもあり、節目の月と言えます。

今月が皆様にとって、上々の一月となりますように。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »