« 潮目 | トップページ | 企業防衛に繁忙期は通用しない »

2016年2月12日 (金)

子供服

所長です。

確定申告の時期になり、新規起業の問い合わせが増えています。

「去年、開業したのですが、確定申告をどうしたらよいか分からない」
「帳簿をどうやって作成したらよいか分からない」

その都度、法律上必要な手続きと当事務所の対応をお伝えするのですが、かなりの確率で「そこまで出来ない」「そんなに顧問料、払えない」という返答を頂きます。

そして、その後に続くのが「うちはまだ、そんな規模じゃない」という言葉。

ここでよく考えて頂きたいのは、「子供服の買い方」です。

Kidsitem201602

子供服を買う時、サイズ選びはどうされますか?

普通は子供の成長を考えてワンサイズ上のものを買うと思います。ジャストサイズのものを買う方はそういないのではないでしょうか。服をジャストサイズで買うようになるのは、ある程度成長してからですよね。

では会社や事業の場合、いかがでしょう?起業したばかりの時にジャストサイズで果たして良いのでしょうか?

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

« 潮目 | トップページ | 企業防衛に繁忙期は通用しない »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 潮目 | トップページ | 企業防衛に繁忙期は通用しない »