« 謙虚と向上心で成長する | トップページ | 女子高生と学ぶ稲盛哲学 »

2016年2月 3日 (水)

元気な会社の元気な経営

所長です。

昨日はTKC埼玉西支部の賀詞交歓会でした。基調講演として疋田文明氏の「元気な会社の元気な経営」。

Tkc201602a

疋田氏は「実は大企業に比べて、中小企業の方が競争優位」と説きます。

中小企業の場合、経営者と現場の距離が近く、意思決定が早いため、競争優位なのだ、と。つまり、この意思決定の早さを活かしている企業は成長し、そうでない企業は衰退していると言えるのです。

又、意思決定を行う際、いかに企業としての器を大きくすることに経営資源を投入しているか。企業の器を大きくするには従業員の器の大きさが物を言い、そのためには経営者の器の大きさが物を言います。

ということは企業が成長するためには経営者自身の成長と従業員の成長が不可欠であり、「共育」の社風が社内に定着していなければなりません。これは経営者次第で出来ること。元気な会社になるかどうかは、つまるところ経営者の姿勢にかかっているのです。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

« 謙虚と向上心で成長する | トップページ | 女子高生と学ぶ稲盛哲学 »

研修会・会議」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 謙虚と向上心で成長する | トップページ | 女子高生と学ぶ稲盛哲学 »