« タワマン節税 | トップページ | 社員100人までの会社の社長の仕事 »

2016年1月27日 (水)

経営者の覚悟

所長です。

昨夜は埼玉中小企業家同友会、西部地区会1月例会でした。

今回の報告者はKSP社長の三角武一郎氏。

Doyu201601b

三角氏は先代の父親から事業を承継しましたが、その承継には大きな課題が山積されたものでした。しかし、三角氏はその山積された経営課題を着実に解決していきます。

それは何故か?

企業経営にはテクニックよりも経営者の人間的姿勢が求められます。三角氏が自社の経営課題を解決できた背景には自身の姿勢があります。

京セラの稲盛氏も常々言ってますが、企業経営の成果は経営者の考え方×情熱×能力であり、経営者の考え方にはプラスもあればマイナスもある、と。つまり、情熱と能力があってもマイナスの考え方をしていては企業経営はうまくいかないのです。

ということは、良い企業経営の秘訣とは経営者の姿勢づくりが最も求められることなのです。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

« タワマン節税 | トップページ | 社員100人までの会社の社長の仕事 »

研修会・会議」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« タワマン節税 | トップページ | 社員100人までの会社の社長の仕事 »