« 七福神めぐりと新年会 | トップページ | 雪がない! »

2016年1月19日 (火)

午後には陽のあたる場所

所長です。

菊池桃子氏著の「午後には陽のあたる場所」。

Gogoniwa

皆様ご存知、元人気アイドル歌手の著者の新著。大学院で雇用政策を学び、今では大学の客員教授でもあります。

これだけ見れば、まさに順風満帆な人生、と見えますが、実際には障がい者の子供を持つ母親という一面も持っています。乳児の頃に患った脳梗塞のため、手足に後遺症が残っているそうです。

しかし、人生はまさに「塞翁が馬」。子供の障がいに直面したことで大学院で学ぶきっかけを得ました。直接的なきっかけではありませんでしたが、子供の障がいで悩んだ経験がなければ、おそらく大学院進学の意欲は湧かなかったのではないでしょうか。そしてそれが教壇に立つことにつながっていくのですから、「無駄な経験はない」のです。

私は今、税理士という職業に就いていますが、租税教室という形で小学校の教壇に立つ経験もさせて頂いています。(授業参観も経験しました。)人生はどこでどう繋がり、どんな経験ができるのか、その可能性は無限大だと思います。

本書は単なるタレント本として済ませてしまうには勿体ない一冊ではないでしょうか。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

« 七福神めぐりと新年会 | トップページ | 雪がない! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 七福神めぐりと新年会 | トップページ | 雪がない! »