« パワーワード | トップページ | 七福神めぐりと新年会 »

2016年1月15日 (金)

スクラップ・アンド・ビルド

職員の今井です。

今更ですが、昨年の芥川賞受賞作、羽田圭介氏の「スクラップ・アンド・ビルド」を読みました。

Imai201601a

同時に芥川賞を受賞した又吉直樹氏の「火花」が話題をさらった感がありますが、羽田氏が埼玉県育ちという事と、介護をテーマにした本だという事で、とても興味がありました。

転職活動中の青年は、要介護老人の祖父と同居をしています。「早う死にたか」という祖父の口癖に、青年はその願いを叶えるべく、ある計画を思いつきます。

私自身も近い将来介護を受ける可能性があり、また現在義母を介護中ということもあって、リアルすぎる描写についつい引き込まれてしまいました。

また、被介護者である祖父と、介護をする側の青年の立場というものを色々考えさせられるストーリーでもありました。青年は祖父に対し「介護をしてあげている」というスタンスで接していますが、時に祖父にそういう力関係を見透かされ、実は青年は祖父の思惑に操られているのでは?というシーンもあり、摩訶不思議な気持ちになりました。

介護だけではなく、人間としての尊厳や、生き方など、色々な事を考えさせてくれた本です。機会があったら、是非読んでみてください。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

« パワーワード | トップページ | 七福神めぐりと新年会 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« パワーワード | トップページ | 七福神めぐりと新年会 »