« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月29日 (金)

今年のテーマは「人間的成長」

所長です。

本日、業務提携企業の皆様に向けて当事務所の経営計画発表会を開催しました。

Nyr201601a

例年、当事務所主催の賀詞交歓会と合わせて開催してきましたが、今年初めて単独開催しました。

本来なら夕方から宴席を設けて開催したかったのですが、どうしても日程調整ができず、ランチ開催となりました。

Nyr201601b

発表会の中身はと言うと、スタッフ一人一人から目標を発表するというもの。それぞれの目標はそんな大それたものではありませんが、書面に起こし、人前で発表すると自然と背筋がピンと伸びる気がします。

今年の事務所としてのテーマは「人間的成長」。一人の人間として他人から信頼されること、それが仕事の上でとても大切なことだと思います。今年はこれを一人一人がしっかりと意識し、自己成長できるよう精進を重ねたいと思います。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2016年1月28日 (木)

社員100人までの会社の社長の仕事

所長です。

税理士法人古田土会計の古田土満氏著の「社員100人までの会社の社長の仕事」。

100shacho

経営計画書で定評のある著者。やはり良い会社の第一歩は経営計画にある、といっても過言ではないでしょう。

では良い会社って何でしょう?
儲かっている会社でしょうか?
従業員が幸せそうに働いている会社でしょうか?

答えは両方でしょう。物心両方揃わないと会社は永続できませんからね。

ではどうしたら会社は儲かるのでしょう?

ここでほとんどの経営者は損益計算書(P/L)を見ながら悩みます。しかし、決算書にはP/Lだけでなく、貸借対照表(B/S)もあります。実はこの両方を見ないと儲かるようにはならないのです。

「社長の仕事」はP/LとB/Sの両方を見ながら経営課題の解決を行うこと、といえるかもしれません。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2016年1月27日 (水)

経営者の覚悟

所長です。

昨夜は埼玉中小企業家同友会、西部地区会1月例会でした。

今回の報告者はKSP社長の三角武一郎氏。

Doyu201601b

三角氏は先代の父親から事業を承継しましたが、その承継には大きな課題が山積されたものでした。しかし、三角氏はその山積された経営課題を着実に解決していきます。

それは何故か?

企業経営にはテクニックよりも経営者の人間的姿勢が求められます。三角氏が自社の経営課題を解決できた背景には自身の姿勢があります。

京セラの稲盛氏も常々言ってますが、企業経営の成果は経営者の考え方×情熱×能力であり、経営者の考え方にはプラスもあればマイナスもある、と。つまり、情熱と能力があってもマイナスの考え方をしていては企業経営はうまくいかないのです。

ということは、良い企業経営の秘訣とは経営者の姿勢づくりが最も求められることなのです。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2016年1月26日 (火)

タワマン節税

所長です。

先日の日経新聞の紙面から。

ついにタワマン節税に制約がかかる見込みです。タワマン節税とは都心のタワーマンションを利用した相続税の節税手法のことです。

Nikkei20160124

通常、相続財産のうち不動産は時価評価するのですが、不動産のうち建物については固定資産税評価額を用います。固定資産税評価額は市町村による評価額なのですが、建物の場合、フロアによって評価額が変わることがありません。低層階でも高層階でも同額になります。

すると都心のタワーマンションではフロアによって評価額と市場価格とのギャップが大きく変わる傾向にあります。都心のタワーマンションでは高層階が人気になるため、市場価格は高くなりますから、評価額と大きく変わることが珍しくありません。

タワマン節税はここに目をつけ、タワーマンションの高層階を購入し、購入価格よりも低い評価額により相続を行い、後に転売するのです。今後は高層階の評価額を割り増しにする方向で検討されるようです。

但し、実際に居住用に購入している人もいますので、その場合には小規模宅地のような配慮が必要かと思いますが、どうなるでしょう。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2016年1月25日 (月)

マイナンバー制度アドバイザー

所長です。

この度、TKC全国会からマイナンバー制度アドバイザーの認定を受けました。

Mynumber201601a

今月から運用が開始されたマイナンバー。まだまだ不明確な点も多い制度ですが、今後は税務署に提出する源泉徴収票や支払調書にマイナンバーの記載が必要になる等、申告手続に必要になります。

そして、従業員や支払先から収集したマイナンバーの取扱いについて、十分に注意する必要があります。個人から収集したものについては個人情報保護法の対象となるので、ケースによっては処罰の対象になってしまう危険性があるからです。

いずれにせよ、中小企業にとっては負担が増える制度ですから、リスクマネジメントを図りつつも、必要以上に負担を増やさないように配慮しなければなりません。

よく分からない点や心配な点など、何でもお気軽にご相談下さい。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2016年1月22日 (金)

フツーの女子社員が29歳で執行役員になるまで

所長です。

サイバーエージェント執行役員の横山祐果氏著の「フツーの女子社員が29歳で執行役員になるまで(仮)」。

29joshi

アメブロでおなじみのサイバーエージェント社は藤田晋社長のユニークな経営手法で度々話題になります。社員の力を最大限に発揮させることでITベンチャーの雄として会社を成長させてきました。

今回の話題は大ヒットゲームのプロデューサーを務めた女子社員の執行役員抜擢です。

普通、「若手女子社員が役員抜擢された。」と聞けば、「どんなに優秀な人なの?」と個人的能力の問題と捉えがちです。もちろん、本人の能力や努力による所もあると思いますが、何より経営者が「社員の活躍の場」をつくるかどうかが大きいのです。

人は「場」があって初めて成長できます。皆様の会社には「場」があるでしょうか?「場づくり」が経営者の仕事なのです。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2016年1月21日 (木)

久し振りの小学校

所長です。

今日は川越市内の小学校にて、租税教室を行ってきました。

Kz201601a

租税教室とは主に学生を対象に、税金について学んでもらう企画です。川越市内では主に小学校6年生の授業に取り入れてもらっています。

税理士会として毎年この時期に講師派遣をしていますが、私は小学校を担当するのが久し振り。ここ最近は成人向け租税教室を担当していたので、子供達の反応がとても新鮮でした。

今回は消費税が10%にあがることが話題になっていたため、子供達の税金に対する関心は以前よりも高かったように感じました。

と同時に、保護者に対しても租税教室を行う必要性も感じました。子供達にいくら税金の大切さや社会の仕組みを説いても、自宅で家族が社会に対する不平不満をこぼしていては効果が薄れてしまうからです。

成人向けの租税教室も実施してはいますが、基本的に地域の公民館活動の一環になっているため、小学生の子供を持つ親世代の人の参加がありません。これからの課題でしょうか。

とにかく、税金は地域社会に対する「会費」です。普段、私たちが利用している道路だって税金で作られたものです。しっかり収めたうえで、その使い方に対してしっかり意見する、ということをもっと意識しなければいけませんね。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2016年1月20日 (水)

雪がない!

所長です。

今週月曜日の大雪には参りましたね。やはり首都圏は雪に弱いですね。日頃からの備えがいかに大事か、改めて感じますね。

さて、その大雪が降る前、越後湯沢へスキーに行ってきました。

本来、越後湯沢は豪雪地帯。いつもならこの時期、2m以上の積雪でスキーヤーを出迎えてくれます。

しかし、今年は暖冬による雪不足。ゲレンデのオープンが心配でしたが、何とか営業しているとのことで行ってみました。

Ski201601a

越後湯沢は皆様ご存知の通り、関越自動車道なら関越トンネルを抜けたらすぐの場所。この時期ならトンネルを抜けるとまさに雪国の景色が飛び込んできます。

しかし、今回はたしかに雪はあるものの、その積雪は数十cm程度。ゲレンデに到着すると、スタッフが方が懸命に整備してくれたお蔭でなんとか滑走可能な状態でした。

Ski201601b

中には積雪のない場所や雪が薄く土や小石が出てしまっている場所も。暖冬の影響を強く感じました。雪産業への影響も大きいでしょうし、春の水不足も心配な所です。やはり冬はそれなりに寒くないといけませんね。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2016年1月19日 (火)

午後には陽のあたる場所

所長です。

菊池桃子氏著の「午後には陽のあたる場所」。

Gogoniwa

皆様ご存知、元人気アイドル歌手の著者の新著。大学院で雇用政策を学び、今では大学の客員教授でもあります。

これだけ見れば、まさに順風満帆な人生、と見えますが、実際には障がい者の子供を持つ母親という一面も持っています。乳児の頃に患った脳梗塞のため、手足に後遺症が残っているそうです。

しかし、人生はまさに「塞翁が馬」。子供の障がいに直面したことで大学院で学ぶきっかけを得ました。直接的なきっかけではありませんでしたが、子供の障がいで悩んだ経験がなければ、おそらく大学院進学の意欲は湧かなかったのではないでしょうか。そしてそれが教壇に立つことにつながっていくのですから、「無駄な経験はない」のです。

私は今、税理士という職業に就いていますが、租税教室という形で小学校の教壇に立つ経験もさせて頂いています。(授業参観も経験しました。)人生はどこでどう繋がり、どんな経験ができるのか、その可能性は無限大だと思います。

本書は単なるタレント本として済ませてしまうには勿体ない一冊ではないでしょうか。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2016年1月18日 (月)

七福神めぐりと新年会

職員の高橋です。

先日15日(金)に、事務所主催の川越七福神巡りと新年会を開催しました。例年とは違い新しい試みであったため、戸惑われたお客様もいたかと思います。

七福神めぐりは全行程約6Kmで、東武東上線・川越駅や川越市駅、JR埼京線・川越駅、西武新宿線・本川越駅を起点に徒歩でも半日、観光と健康増進も兼ね、手ごろなコースです。

各寺ではスタンプラリーが出来るようになっており、老若男女で楽しめる内容になっています。

Takahashi201601a

道中は菓子屋横丁や蔵造りの町並みを見ることができ、参加して下さった皆様もお土産を買う等して楽しんで下さいました。

Takahashi201601b

七福神巡りの後は新年会です。今年の新年会は川越駅から徒歩3分、ビストロピンキオにて本格カジュアルフレンチを頂きました。

Takahashi201601c

皆様と今年が始まってから良かったことを共有することができ、今年の始まりとして最高のスタートが出来たと思います。お帰りには毎年恒例のいちごをお持ち帰り頂きました。

今年も1年間皆様に満足していただけるように頑張りますので、今後とも宜しくお願い致します。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2016年1月15日 (金)

スクラップ・アンド・ビルド

職員の今井です。

今更ですが、昨年の芥川賞受賞作、羽田圭介氏の「スクラップ・アンド・ビルド」を読みました。

Imai201601a

同時に芥川賞を受賞した又吉直樹氏の「火花」が話題をさらった感がありますが、羽田氏が埼玉県育ちという事と、介護をテーマにした本だという事で、とても興味がありました。

転職活動中の青年は、要介護老人の祖父と同居をしています。「早う死にたか」という祖父の口癖に、青年はその願いを叶えるべく、ある計画を思いつきます。

私自身も近い将来介護を受ける可能性があり、また現在義母を介護中ということもあって、リアルすぎる描写についつい引き込まれてしまいました。

また、被介護者である祖父と、介護をする側の青年の立場というものを色々考えさせられるストーリーでもありました。青年は祖父に対し「介護をしてあげている」というスタンスで接していますが、時に祖父にそういう力関係を見透かされ、実は青年は祖父の思惑に操られているのでは?というシーンもあり、摩訶不思議な気持ちになりました。

介護だけではなく、人間としての尊厳や、生き方など、色々な事を考えさせてくれた本です。機会があったら、是非読んでみてください。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2016年1月14日 (木)

パワーワード

所長です。

皆様は普段、移動手段として何を利用されていますか?

電車?車?それとも徒歩?

私は車移動が中心となっています。そのため、移動中に読書というわけにもいかず、専らラジオなどの「聴取」が中心になります。

埼玉県民にはNACK5の聴取がスタンダードかもしれませんね。私もNACK5を聴いていることが多いです。

でも、30分以上の移動の場合、講演CDを聴くことも。車内がセミナー会場に早変わりです。最近では経営コンサルタントの小宮一慶氏の「松下幸之助パワーワード」。

Powerword

本CDは松下幸之助氏の名言を小宮氏が解説するもの。CD3枚組なので約3時間、移動中に学ぶことができます。

ラジオや音楽を聴くのもいいですが、ドライブのお供に講演CDもオススメですよ。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2016年1月13日 (水)

引き算する勇気

所長です。

岩崎邦彦氏著の「引き算する勇気」。

Hikizan

著者は「あれもこれもやろう」とする足し算ではなく、「これはやらない」という引き算が企業の価値を高めると説いています。

これは非常に共感できることですが、人によってはこの「引き算」の考え方を誤解してしまうかもしれません。

著者は「引き算」にも「良い引き算」と「悪い引き算」があると説いています。「良い引き算」は企業価値を高めますが、逆に「悪い引き算」は企業価値を落とします。

「引く」の類義語で「抜く」という言葉があります。この「引き算」を考える時に良し悪しの分かれ目となるのが何を「抜く」のか、です。「手を抜く」と「悪い引き算」、「考え抜く」と「良い引き算」となるのです。

つまり、企業の理念に基づいて考え抜き、シンプルな経営に辿りついた時に企業価値が高まるのだと思います。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2016年1月12日 (火)

マレフィセント

所長です。

やっと観れました、ディズニー映画「マレフィセント」。

Maleficent

人気女優アンジェリーナ・ジョリー主演で注目された本作品。

「眠れる森の美女」でオーロラ姫に呪いをかける魔女として有名なマレフィセントにスポットをあて、「眠れる森の美女」とはまったく違うテイストの作品になっています。

2014年の劇場公開の時から観たい作品でしたが、なかなか観れず、結局テレビ放映をビデオ録画で観ました。

あまりにも「眠れる森の美女」と違うテイストに仕上がっているため、本作については賛否両論あろうかと思います。私としてはオーロラが眠りに落ちてから目覚めるまでが思いの外あっさりしていたので、ちょっと物足りなさを感じましたが。

皆様の目にはどう映ったでしょうか?

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2016年1月 8日 (金)

ディズニーの卒業生がレストランを開いたら

所長です。

元ディズニーキャストの香取貴信氏原作の「もしもディズニーの卒業生がレストランを開いたら」。

Katorirestaurant

東京ディズニーリゾート(TDR)では毎日2万人のキャストが働いています。その9割がアルバイトですから、TDRで働いたことのある経験のある人はそう珍しい存在ではないかもしれません。

本書ではTDR出身者が個人レストランを開業し、そこで起きるエピソードが漫画で描かれていますが、あながちフィクションともいえない設定ですね。

TDRのエピソードを引き合いに出すと、大抵の方は「あそこは特別」とか「キャラクターがいるから」とか「参考にならない理由」を言います。本書ではあえてTDRではない中小企業を舞台にすることで、本当に大切なことは規模や業種とは無関係であり、どの職場においても当てはまる、ということを改めて考えさせてくれます。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2016年1月 7日 (木)

インターネット・セキュリティ

所長です。

今夜は埼玉中小企業家同友会、西部地区会幹事会に出席しておりました。

幹事会終了後、会員の菅沼氏からインターネット・セキュリティについてミニ講義がありました。

Doyu201601a

以前はパソコンのウィルスといえば、エクセルなどのファイルを媒介として感染するものでしたが、今ではその手口も巧妙で感染したことすら気付かないうちに被害を受けているようです。

現在、ほとんどの仕事においてパソコンやタブレット端末などのIT機器は必須の存在です。もしウィルスのせいでIT機器が故障してしまったり、大切なデータの喪失や流出など、ビジネス上の大損害につながりかねません。

便利さの裏側には大きなリスクが存在している、といえるでしょう。そのため、IT機器に関しては十分なリスクマネジメントが必要ですね。

さて、皆様の会社ではいかがでしょう?

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2016年1月 6日 (水)

自分再起動

所長です。

今年の初読書、ではなく、年末に読んだものなので、昨年の読み納めになりますね。

クリス・ギレボー氏著の「自分再起動」。

Saikidou

皆様は「今の自分」に満足していますか?

満足している方もいれば、「もっとこうなりたい」とか「もっとこんなことをしてみたい」なんて思っている方もいらっしゃるでしょう。

もっと言えば、今の自分に満足していても、「死ぬまでにやってみたいこと」があったりするのではないでしょうか?

でも、その「死ぬまでにやってみたいこと」を実行したり、今の自分を変えてみたりすることは意外と出来ていない人、というよりも実行すらしていない人がほとんどです。

実は大抵の人は今までの経験が邪魔をして、「こうしたい」という軽い欲求だけでは実行できず、何かしらの「再起動スイッチ」をONにする必要があるのです。本書ではそんな「再起動スイッチ」をONにした例が綴られており、皆様にとってヒントとなるものが見つかるかもしれませんね。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2016年1月 5日 (火)

2016年、仕事初め

所長です。

改めまして、皆様、明けましておめでとうございます。

当事務所は本日が仕事初めです。

昨日が仕事初めだった所も多かったかもしれませんね。ご不便をお掛けし、申し訳ございませんでした。

この年末年始、いかがお過ごしだったでしょうか?日本全国、基本的には天候に恵まれた一週間だったかと思いますが、春のような陽気で「冬産業」にとってはマイナスだったかもしれませんね。

私は例年、元日に川越氷川神社に初詣に行っているのですが、今年はなかなか都合が合わず、結果的に昨日の参拝となりました。

Hikawa201601a

今年も皆様にとって幸多き一年となりますように。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2016年1月 1日 (金)

2016年、明けましておめでとうございます!

所長です。

皆様、明けましておめでとうございます!

本年もどうぞよろしくお願い致します。

今年も当事務所から初日の出を拝むことができました。新年早々、有難いことです。

Risingsun20160101

今年はマイナンバーの運用が開始され、消費税改正の準備も控えています。中小零細企業にとって、一段と舵取りが難しくなる一年になるかと思われます。

そんな年だからこそ、経営者はその姿勢を問われるのだと思います。

今年も皆様にとって、何か一つでもヒントとなるものが提供できたら幸いです。ぜひ共に成長していきましょう!

尚、5日(火)から通常営業となります。ご了承の程よろしくお願い致します。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »