« 経営者の覚悟 | トップページ | 今年のテーマは「人間的成長」 »

2016年1月28日 (木)

社員100人までの会社の社長の仕事

所長です。

税理士法人古田土会計の古田土満氏著の「社員100人までの会社の社長の仕事」。

100shacho

経営計画書で定評のある著者。やはり良い会社の第一歩は経営計画にある、といっても過言ではないでしょう。

では良い会社って何でしょう?
儲かっている会社でしょうか?
従業員が幸せそうに働いている会社でしょうか?

答えは両方でしょう。物心両方揃わないと会社は永続できませんからね。

ではどうしたら会社は儲かるのでしょう?

ここでほとんどの経営者は損益計算書(P/L)を見ながら悩みます。しかし、決算書にはP/Lだけでなく、貸借対照表(B/S)もあります。実はこの両方を見ないと儲かるようにはならないのです。

「社長の仕事」はP/LとB/Sの両方を見ながら経営課題の解決を行うこと、といえるかもしれません。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

« 経営者の覚悟 | トップページ | 今年のテーマは「人間的成長」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 経営者の覚悟 | トップページ | 今年のテーマは「人間的成長」 »