« ロスジェネの逆襲 | トップページ | 経営指針で会社が変わった »

2015年9月29日 (火)

ほうふ花燃ゆ大河ドラマ館

職員の今井です。

先日、シルバーウィークを利用して、実家のある山口県に帰省しました。そして、是非立ち寄りたいと思っていた「花燃ゆドラマ館」に行ってきました。

Imai201509f

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、今年のNHK大河ドラマ「花燃ゆ」は、幕末から明治の長州藩(山口県)を舞台にしています。松下村塾を興した吉田松陰の妹(文、後の楫取美和子)が主人公のドラマです。

視聴率の悪さで時折新聞ネタになったりしていますが、自分の生まれ育った処が舞台のドラマなので、私はとても面白く見ています。

ドラマ館の展示物の中には、文の前夫、久坂玄瑞が文に宛てた手紙や、再婚した楫取素彦の直筆の書などがあり、自分の良く知る防府の町に幕末の志士達が蘇ってきたような気がしました。

ドラマの中で、松下村塾の門下生達が、明治維新を切り開いていく様を見ていると、現代の私達はどうだろう?といつも考えてしまいます。

勤勉であり続けているか?志を持ち、社会に貢献できているか?ということを改めて自分に問い掛けてみるよい機会となりました。

 

------------------------------------------------
優良企業視察ツアー2015、開催!
今年はディズニーから人財育成を学びます!
詳しくはこちらから
http://www.kobazei.com/pc/free5.html
------------------------------------------------

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

« ロスジェネの逆襲 | トップページ | 経営指針で会社が変わった »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ロスジェネの逆襲 | トップページ | 経営指針で会社が変わった »