« マイナンバー制度への対策 | トップページ | 保険はお付き合いではなく、リスクマネジメントで »

2015年6月 3日 (水)

世界の経営学者はいま何を考えているのか

所長です。

入江章栄氏著の「世界の経営学者はいま何を考えているのか」。

Keieigakusha

皆様は「経営学」についてどういったイメージを持ってらっしゃいますか。

「経営学」は他の学問に比べ、成熟していない分野です。その分、思い込みに支配されずに自由闊達な意見交換ができる、といってもよいかもしれません。

本書を読むと、今まで自分の中で勝手に醸成されていた理論が覆されることも多々ありますが、昨今の経営学者がどのような理論を展開しているのか、そのさわりに触れることができます。統計データに意味があるのか、ないのか、改めて考えさせられる場面も多々あります。

そういった意味では経営学は「現在進行形の生きた学問」と言ってもいいのかもしれませんね。

 

------------------------------------------------
税制改正セミナー2015、開催!
マイナンバー制度について解説します!
詳しくはこちらから
http://www.kobazei.com/pc/free5.html
------------------------------------------------

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

« マイナンバー制度への対策 | トップページ | 保険はお付き合いではなく、リスクマネジメントで »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マイナンバー制度への対策 | トップページ | 保険はお付き合いではなく、リスクマネジメントで »