« お客さんとのキャッチボール | トップページ | 3月に突入! »

2015年2月27日 (金)

町工場の娘

所長です。

ダイヤ精機社長、諏訪貴子氏著の「町工場の娘」。

Daiwaseiki_2

著者は創業者である父親の急逝によって急遽、「普通の主婦」から町工場の社長に就任。お飾り社長として就任したはずが、会社の窮地を目の当たりにし、経営改革に踏み切ります。

経営の知識もなく、周りからは冷ややかな目で見られていた著者が行動力で会社を変えて行く様は、「変化を起こすためには行動が必要」ということを改めて感じさせてくれます。

経営について学ぶだけで実践しない経営者が意外と多いように感じますが、学んだだけでは意味がなく、現場で活かしてこそ学んだ甲斐があるというものです。

又、ダイヤ精機の場合、経営者の急逝というピンチがあっても、結果的に事業承継できているので良かったですが、経営者としては「安定感のある事業承継」を心掛けるべきでしょう。しっかりとバトンゾーンをつくり、内外ともに周知できた方がスムーズな事業承継ができると思いますよ。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

« お客さんとのキャッチボール | トップページ | 3月に突入! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« お客さんとのキャッチボール | トップページ | 3月に突入! »