« すべてはお客様のために | トップページ | 講師、終わりました! »

2014年10月24日 (金)

後継者の等身大の課題と挑戦

所長です。

今夜は埼玉中小企業家同友会西部地区会の10月例会に出席しておりました。

今回はときたサービスの鴇田樹社長から「後継者の等身大の課題と挑戦」という題目でご報告頂きました。

Doyu201410

鴇田氏は約2年前に父親の経営する会社を事業承継しました。「すでに存在しているもの」を引き継ぐ大変さは後継者ならではの苦悩だと思います。そして、その上で自分のカラーを出さなければなりません。

一方で先代が築いた「信用」は大きな武器です。これをいかに使いこなすかが後継者に問われる力量かもしれません。

この「信用」を使いこなすには、先代の事業にかける「こだわり」を理解し、実践する必要があります。鴇田氏の場合、その「こだわり」をしっかりと理解し、実践されています。

しかし、その「こだわり」を実践するためには、それを永く継続するための「仕組みづくり」が必要です。どんなにいい事でも継続できず、一過性のもので終わってしまっては企業としての存続に関わります。

鴇田氏は「こだわり」を実践するための「仕組みづくり」に着手。その信念を持った経営のたのもしさを実感する例会となりました。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

« すべてはお客様のために | トップページ | 講師、終わりました! »

研修会・会議」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« すべてはお客様のために | トップページ | 講師、終わりました! »