« 錦織、凱旋V | トップページ | 白色申告でも帳簿が必要 »

2014年10月 8日 (水)

PDCAサイクル

職員の矢部です。

先日、「リーダーズカフェ2014」最終回が開催されました。

前半は、業績改善の着眼点についての講義となりました。

Yabe201410a

まず、業績改善の着眼点は大きく分けて3つの項目があります。

1.売上高を増やす
2.限界利益を上げる
3.固定費を削減する

以上の項目について、問題点や改善のための打ち手を検討し、実行していくことによって目標を達成できると思います。

後半は所長の講師で「PDCAサイクル」についての講義となりました。

PDCAサイクルの重要性はかなりの方が理解されていると思います。しかし、社内に導入・定着しているかというと「ほとんど出来ていない」という会社が多いでしょう。

なぜ社内に浸透しないのでしょうか?それはPDCAのうち「CA」が仕組化されていないからです。評価者の価値観で評価が変わってしまうことのないよう、成果を「数値化」することが大切です。そのためには行動計画自体も「数値化」しておかなければいけません。

又、PDCAサイクルを通して「仮説検証」するという意識づけも必要です。この意識が抜けてしまうと「チェックすること」自体が目的となってしまい、本来の目的を見失ってしまいます。これではPDCAサイクルが浸透できないのです。

今回でリーダーズカフェも終了になりますが、これからも皆様にお役にたつセミナーを開催していく予定ですので、是非参加してください。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

« 錦織、凱旋V | トップページ | 白色申告でも帳簿が必要 »

研修会・会議」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 錦織、凱旋V | トップページ | 白色申告でも帳簿が必要 »