« インターンシップ2014打ち上げ | トップページ | 新潟のご当地アイドルNegiccoを見ました »

2014年9月 8日 (月)

TKCにいがた秋期大学~変化への対応~

職員の今井です。

先週末、TKC関東信越会にいがた秋期大学に参加してきました。

Imai201409c

開校式後、新潟県新発田市にある菊水酒造㈱、代表取締役 高澤大介氏の特別講演がありました。菊水酒造㈱のご厚意により、受講者全員に写真の「ふなぐち菊水」を頂きました。

Imai201409d_2

冒頭に社長より「このお酒は、鰻料理や中華料理など濃い味のお料理にとても合います」と説明がありました。その言葉を聞いただけで、中華料理に日本酒というイメージが脳裏に広がり、「是非飲んでみたい!」と思いました。

清酒業界は、15年で売上高60%減という厳しい状況に置かれています。その中でも菊水酒造㈱は、市場の維持や開拓、営業力や組織力の強化など様々な取り組みにより、時代を超えて持続する蔵を目指しているとのことでした。

中でも『モノ(商品)とコト(ステージ)の融合』をお客様に提案することを戦略として力を入れているとのことでした。よりよい商品を創造し、それに合うライフスタイルを提案していくということです。

冒頭の社長の「濃い味に合うお酒」という言葉の意味が、一瞬にして腑に落ちました。社長が会社の戦略を率先して実行しているのだと思いました。

今、我が家の冷蔵庫には「ふなぐち菊水」が淡々と時を待っています。そうです、中華料理というステージです。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

« インターンシップ2014打ち上げ | トップページ | 新潟のご当地アイドルNegiccoを見ました »

研修会・会議」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« インターンシップ2014打ち上げ | トップページ | 新潟のご当地アイドルNegiccoを見ました »