« 2030年モデル | トップページ | 月見草 »

2014年9月22日 (月)

海賊とよばれた男

所長です。

デビュー作「永遠の0」が映画化されてヒットとなった百田尚樹氏のこれまた大ヒット作、「海賊とよばれた男」。ずっと読みたいと思いながら、待望の文庫化です。

Kaizokuidemitsu

大ヒット作の文庫化ですから、内容については今さらなのでしょうが、出光興産の創業者、出光佐三氏の生涯を描いています。

今でこそ大企業である出光興産ですが、財閥でもなく、大地主でもなかった佐三が一代で築くにはこれほどまでの困難があったのか、と驚くと共に、敢然と困難に立ち向かった佐三の姿に、「これぞ経営者」と感動しました。

「会社経営」とは何か?この視点から是非多くの経営者にお読み頂きたい。

又、「仕事」とは何か?この視点から是非多くの学生、若い社会人の方にもお読み頂きたい。

ちなみに、「永遠の0」の主人公、宮部が隠れキャラ?で登場してるのも見逃せません。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

« 2030年モデル | トップページ | 月見草 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2030年モデル | トップページ | 月見草 »