« 月見草 | トップページ | 朝一番の掃除であなたの会社が儲かる »

2014年9月25日 (木)

金魚は鯉になれるか?

所長です。

先日、TKCの企画で都内にある税理士法人AQUA様の事務所見学に参加しました。

Tkc_aqua201409

以前からAQUA様は「いつかは見学させて欲しい事務所」の一つでした。まだ40代の代表を中心に、成長している会計事務所です。

今回の事務所見学の冒頭でこんな言葉を投げかけられました。

「金魚は鯉になれるか?」

もちろん生物的には「不可能」です。但し、謂わんとしていることは「広々とした環境で金魚を飼うと大きくなる、って知ってた?」ということ。大抵の方は「金魚」というと金魚すくいで見かける小さな魚を思い浮かべますが、元々はフナをベースに改良された品種ですから普通のフナのサイズまで成長します。そのため、知らない方はMAXサイズまで成長した金魚を見て、「鯉?」と勘違いするのです。

この逸話を会社や社員に当てはめるとどうでしょうか?

「成長できる環境」を与えれば、会社も社員も成長するのではないでしょうか?成長しないのは経営者が「成長できる環境」を提供していないからではないでしょうか?

「成長できる環境」を提供すること、それが経営者としての重要な役割なのです。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

« 月見草 | トップページ | 朝一番の掃除であなたの会社が儲かる »

研修会・会議」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 月見草 | トップページ | 朝一番の掃除であなたの会社が儲かる »