« 学び続ける経営者 | トップページ | プール三昧 »

2014年8月 1日 (金)

どう働く

所長です。

坂本光司教授とアチーブメント社長の青木仁志氏の共著、「どう働く」。

Sakamotohataraku

「働く」とはそもそも「傍・楽」。「傍を楽にする」ことであり、つまり自分ではなく、自分の周りにいる人たちのために動くことです。

しかし、いつしか労働の対価を自らのために求めることが当たり前になってきました。私腹を肥やす経営者も少なくないでしょう。

そんな時代だからこそ、利他の精神で働く人たちは輝いて見えます。そんな会社は社会に感動を与えます。

もし今、一生懸命働いているのに上手くいかない、上司やお客様から認めてもらえない、といった悩みを抱えている方がいらしたら、心のスイッチを少し切り替えてみてはいかがでしょうか?

今、悩みを抱えながら働いている方だけでなく、就職活動を控えた学生の方にも読んで頂きたい一冊ですね。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

« 学び続ける経営者 | トップページ | プール三昧 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 学び続ける経営者 | トップページ | プール三昧 »