« グリーンカーテン2014、その2 | トップページ | ヒマワリ、もうすぐ開花 »

2014年7月16日 (水)

争族にしないための法律知識

所長です。

本日はTKCの研修に出席しておりました。

今日は弁護士の方から、「争族にしないために会計人が必ず知っておきたい法律知識」というテーマで学びました。

Tkc201407a

来年の相続税改正を目前に、現在多くの「相続セミナー」が開催されており、当事務所でも先週、「相続対策」をテーマにしたリーダーズカフェを開催させて頂きました。

相続に関しては「相続税」の問題だけでなく、手続き上のトラブルも多くなっています。これは「一生に何度も経験しないこと」という側面もありますし、「死んだ時の話は縁起でもないので話しづらい」という側面もあるかもしれません。

戦前のように「家督相続」の方が日本人にしっくりときて、シンプルで良かったように思えますが、現在では民法で定められた形になっており、手続きを間違えると大変なことになってしまいます。

よくある相続対策の手法に「遺言」がありますが、これもしっかり民法に従って作成しないと無効となってしまいます。

相続に関しては、決して「見よう見まね」ではなく、専門家に相談しながら進めて頂きたいと思います。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

« グリーンカーテン2014、その2 | トップページ | ヒマワリ、もうすぐ開花 »

研修会・会議」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« グリーンカーテン2014、その2 | トップページ | ヒマワリ、もうすぐ開花 »