« オレたち花のバブル組 | トップページ | 軽井沢 »

2014年7月 1日 (火)

外形標準課税の適用拡大

所長です。

昨夜は埼玉中小企業家同友会の緊急理事会、及び地区長会議に出席しておりました。

Doyu20140630

今回の緊急理事会は現在、自民党で検討されている法人税減税に伴う税制改正について反対意見を表明するために開催されました。

法人税の税率引き下げがなぜいけないのか?「税率引き下げ」という部分だけ聞くと良い方向に感じられるかもしれませんが、その分の税収の穴埋めをどこかでしなければなりません。

現在、国家予算の約半分が税収であり、もう半分が借金(国債)です。ツケを将来に残さないようにするためには税収を落とすことは出来ません。

ではどこで税収の穴埋めをするのか。現在自民党(財務省)から出ている案が「外形標準課税の適用拡大」です。通常、赤字の会社は法人税を納める必要がありませんが、この案が通ってしまうと赤字の会社でも法人税(事業税)を納める必要が出てきます。

結果的に何が起きるか?今回の改正で得をするのは大企業であり、中小企業は増税となります。国民の7割の雇用を支えている中小企業を圧迫することは、国民の財政を圧迫することにつながるのです。

今回、中小企業家同友会では「物言う中小企業団体」としてハッキリと反対意見を表明させて頂きます。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

« オレたち花のバブル組 | トップページ | 軽井沢 »

研修会・会議」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« オレたち花のバブル組 | トップページ | 軽井沢 »