« 試練が本気の経営を考えるチャンスをくれた | トップページ | 儲かりたければ女性の力を借りなさい »

2014年7月 8日 (火)

ホタルの里

所長です。

先日、子供を連れてホタルを観に行きました。

場所は嵐山のホタルの里

Genjibotaru

我が家から車で約40分。もっと近い所にホタルが観られるスポットはありますが、ほとんど「養殖物」。今回は自然のホタルが観たく、探した所、ここで観られることが分かり、行ってみました。

うちの子供は動物園などで観られる「養殖物」のホタルを観たことはありますが、自然のホタルを観たことがありませんでした。(かく言う私も自然物は久しぶりですが。)

ホタルの里は「自然のホタルが観られるスポット」にはなっていますが、ホタル観賞用に整備されている訳ではないので、車を停められる場所から懐中電灯なしにはホタル観賞スポットには到達できません。

そのため、子供は車から降りた直後、真っ暗闇にビビってしまい、行きたがりませんでしたが、車付近までホタルが飛んできたら俄然やる気(?)が出たらしく、その後は暗闇に怖気ずにホタルを楽しんでました。

今では特別な存在になってしまったホタル。でも、そもそもは当たり前のように存在する生き物だったはずです。結局、人間のエゴが生んだ結果です。

メダカも絶滅が危惧される生き物になっています。我が家の近所でも護岸工事されていない用水路では当たり前のように生息しています。今一度、身近な自然に目を向けて、何が大切なものか、想いを馳せてみるのも大事なことかと思われます。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

« 試練が本気の経営を考えるチャンスをくれた | トップページ | 儲かりたければ女性の力を借りなさい »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 試練が本気の経営を考えるチャンスをくれた | トップページ | 儲かりたければ女性の力を借りなさい »