« 相続セミナー | トップページ | 外形標準課税の適用拡大 »

2014年6月30日 (月)

オレたち花のバブル組

所長です。

今日で6月も終わり。ということは今年も折り返し地点です。

今年の目標、達成率は50%まで来てますでしょうか?順調に来ている人はそのまま努力を継続して下さい。まだ低調気味な方は後半戦巻き返しで行きましょう!

さて、池井戸潤氏著の「オレたち花のバブル組」。

Ikeido_hanzawa02

皆様お分かりの通り、半沢直樹「東京本店編」です。

先日の「大阪編」に続き、読了です。

本作の内容はTVドラマでお馴染みの伊勢島ホテルを巡る大和田常務、黒崎検査官との攻防ですが、今改めて思うのは本書の内容をよくぞあそこまでドラマティックに仕立てたなぁ、と。

もちろん、小説版が面白くない、という訳ではなく、一般視聴者向けに、しかも最終回へ向けて盛り上がらないといけませんから、その意味では脚本も良かった、ということでしょう。

ところで、本作を通じて私の立場から訴えたいのは、「会社の再建にあたり、経営者の姿勢が最重要」であるということ。本作でも半沢直樹がどれだけ動こうと湯浅社長の決断がなければ意味がなかったのです。皆様の会社ではいかがでしょうか?

さて、次はやっと「ルーズヴェルトゲーム」に入りたいと思います。ドラマが先か、小説が先か…。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

« 相続セミナー | トップページ | 外形標準課税の適用拡大 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 相続セミナー | トップページ | 外形標準課税の適用拡大 »