« 障がいに負けない | トップページ | XK徒祭2014in狭山 »

2014年6月16日 (月)

法人税率の引き下げ

所長です。

先日、埼玉中小企業家同友会では立教大学の山口義行教授を迎え、緊急学習会を行いました。

Doyu201406a

緊急学習会の内容とは、最近報道されている「法人税率の引き下げ」についてです。

現在、政府は数年のうちに実効税率を20%台(現在は約35%)に引き下げることを明言しております。

「税率が下がる」=「減税」という図式が簡単に思い浮かびますが、「減税」とは国家予算の減収を意味します。国家予算の削減が可能なのであれば、それで良いのでしょうが、現状では困難でしょう。

ということは、法人税率の引き下げによる減収分は他で穴埋めする必要があるのです。

では、その穴埋めはどこでするのか?

実は現在、財務省から出ている案では中小企業への負担増で穴埋めすることになるのです。この事はまだまだ報道が不十分なのであまり騒がれていませんが、特に中小企業経営者の方は今後の展開に十分注意する必要があると思われます。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

« 障がいに負けない | トップページ | XK徒祭2014in狭山 »

研修会・会議」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 障がいに負けない | トップページ | XK徒祭2014in狭山 »