« 永遠の0 | トップページ | SWOT分析 »

2014年6月 5日 (木)

書面添付と意見聴取

所長です。

本日は税務署にて、意見聴取を受けておりました。

意見聴取とは、申告書に「書面添付」といわれる資料が付いている場合、税務調査の対象に選定されたときに行われる手続きです。

Zeimu_2

通常、税務署の中で税務調査の対象が選定され、税務調査が行われます。しかし、書面添付がなされている申告書の場合、税務調査を行う前に「意見聴取」といって、顧問税理士にヒアリングを行わなければならないのです。

この意見聴取が行われると、場合によっては「調査省略」、つまり、税務調査の対象先として選定されたにも関わらず、税務調査が実施されないこととなるのです。当事務所でも実際に「調査省略」となったケースもあります。これは納税者の立場からすればとても有意義なことだと思います。

本日もその過程で意見聴取を受けた訳です。まだ結果は出ておりませんが、いきなり税務調査が実施されることと比較すれば、納税者のためになる取り組みが出来たのではないかと思います。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

« 永遠の0 | トップページ | SWOT分析 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 永遠の0 | トップページ | SWOT分析 »