« こんな所でもブラジルW杯 | トップページ | ディズニーシー »

2014年6月11日 (水)

ヒットの正体

所長です。

山本康博氏著の「ヒットの正体」。

Hitshoutai

著者は「充実野菜」「リアルゴールド缶」「ルーツ」など飲料業界で“ヒット”商品の開発に携わりました。そこから見えた「ヒットの正体」とは、「潜在」需要を掘り起こすことです。

需要には「顕在」と「潜在」があり、すでに世間で求められているニーズが「顕在」需要、まだ世間で求められていないニーズが「潜在」需要です。

顕在需要のマーケットは競争が激しく、大資本による消耗戦が繰り広げられます。一方で潜在需要のマーケットは成熟するまでに時間を要し、先行者利得が大きく見込めるマーケットでもあります。

しかし、潜在需要の難しい所は「そう簡単には掘り起こせない」ことです。

そこで著者は潜在需要の掘り起こし方を本書で解説します。よく「クレームは宝」と言っている企業がありますが、まさにこれが潜在需要の掘り起こし方です。

顧客やマーケットが抱える不平、不満をいかにして解決するか、実はそこに潜在需要が隠れているのです。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

« こんな所でもブラジルW杯 | トップページ | ディズニーシー »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« こんな所でもブラジルW杯 | トップページ | ディズニーシー »