« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月30日 (月)

オレたち花のバブル組

所長です。

今日で6月も終わり。ということは今年も折り返し地点です。

今年の目標、達成率は50%まで来てますでしょうか?順調に来ている人はそのまま努力を継続して下さい。まだ低調気味な方は後半戦巻き返しで行きましょう!

さて、池井戸潤氏著の「オレたち花のバブル組」。

Ikeido_hanzawa02

皆様お分かりの通り、半沢直樹「東京本店編」です。

先日の「大阪編」に続き、読了です。

本作の内容はTVドラマでお馴染みの伊勢島ホテルを巡る大和田常務、黒崎検査官との攻防ですが、今改めて思うのは本書の内容をよくぞあそこまでドラマティックに仕立てたなぁ、と。

もちろん、小説版が面白くない、という訳ではなく、一般視聴者向けに、しかも最終回へ向けて盛り上がらないといけませんから、その意味では脚本も良かった、ということでしょう。

ところで、本作を通じて私の立場から訴えたいのは、「会社の再建にあたり、経営者の姿勢が最重要」であるということ。本作でも半沢直樹がどれだけ動こうと湯浅社長の決断がなければ意味がなかったのです。皆様の会社ではいかがでしょうか?

さて、次はやっと「ルーズヴェルトゲーム」に入りたいと思います。ドラマが先か、小説が先か…。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2014年6月27日 (金)

相続セミナー

所長です。

昨日はTKC会員でもあるSMC税理士法人様と当事務所でも提携している北斗アセットマネジメント様のコラボセミナーに出席しました。

Smc201406

セミナーの内容は「相続対策」。税理士向けではなく、一般の方向けのセミナーですから、同業者の私にとっては目新しい話は勿論ありませんが、「このネタをどう伝えるか」というポイントはとても興味深かったです。

セミナーは「いかに講師の知識が豊富か」を問われるのではなく、「いかにお客様に話が伝わったか」が問われます。私も気をつけている点ですが、なかなか人は自分のことを客観的に見れないもの。その意味では、たまに同業者が喋っている所を見るのは良い気付きの場になります。

単に「講師の話し方」だけでなく、「お客様の反応」も客観的に感じられるので、どんな話にどんな反応が返ってくるか、よく分かりました。

ところで、当事務所でも来月、相続対策セミナーを開催しますが、相続税の改正を来年に控え、ますます相続対策の必要性は増しています。もちろん税金の問題だけではありません。家庭環境、家族構成の変化によって、様々な問題が出てきます。

相続対策は元気なうちでなければ出来ません。ぜひこの機会に考えてみましょう。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2014年6月26日 (木)

スーパーホテルの仕組み経営

所長です。

スーパーホテル会長の山本梁介氏、神戸大学大学院の金井壽宏教授の共著、「スーパーホテルの仕組み経営」。

Superhotel

スーパーホテルは1泊5,000円程度と格安のホテルですが、「寝心地」にこだわり、「ぐっすり眠れなければ返金」というホテル業界の常識では考えられない経営で人気です。

そこには「安かろう、悪かろう」という一般常識はありません。

宿泊客のために何が必要で、何が不要か、そこを徹底的に追求し、不要なものはとことん削除し、必要なものにはとことんこだわり、顧客の期待に応えてきました。

その内容は単なるシステマティックなものではなく、ITとアナログをバランスよく活用し、おもてなしの心を実現しています。簡単には他社の追随を許さないでしょう。

私は以前、山本会長の講演を聴いたことがあるのですが、実はまだスーパーホテルを利用したことがありません。機会があれば、ぜひ泊まってみたいと思います。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2014年6月25日 (水)

ブラジルW杯、日本終戦

所長です。

自宅庭に睡蓮鉢があるのですが、(写真では分かりづらいかと思いますが)エビが自然繁殖しています。鉢の中の藻を食べてくれるので助かります。

Flower201406b

さて、今日は早朝からW杯中継を観ていた人が多いでしょうね。決勝トーナメント進出をかけたコロンビア戦。2試合終えて勝ち点1の日本にとって、格上のコロンビアに勝つことが絶対条件の厳しい戦いでした。

Wcup20140625

結果は皆様ご存知の通り、4-1で負け、日本の1次リーグ敗退が決定しました。

内容については私たちがとやかく言うことではないでしょうが、今はとりあえず「お疲れ様」と言いたいですね。

結果は結果なので、今の日本に足りないものが何なのか、しっかり認識し、次につなげて欲しいです。

でもW杯はまだまだ前半戦。これから決勝トーナメントへ進んでいくので、楽しみな試合が続きます。楽しみましょう。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2014年6月24日 (火)

経営改善計画策定、認定支援機関がお手伝いします

所長です。

今年も自宅庭に朝顔を蒔きました。すると今朝、まだネットに巻きつきだしたばかりだというのに開花。気が早いですね。

Flower201406a

今日はTKC関東信越会の理事会に出席しておりました。

TKCでは会計事務所業界としては前衛的な取り組みをする傾向にありますが、今回も重大な取り組みを行うことが公表されました。

名付けて「7000プロジェクト」。

現在、多数の税理士が「認定支援機関」として登録されていますが、その重要な役割の一つに中小企業の経営改善計画策定支援があります。

政府は中小企業支援政策として405億円の予算を取り付けていますが、実際にはほとんど利用されていないのが現状です。昨今の税制改正などを見る限り、大企業向けの施策に傾きつつある中で、この機会を逃すと中小企業にとって大きな損失になると思われます。

私たち税理士も本気で取り組みます。資金繰りで悩んでいる中小企業経営者の皆様、今こそ経営体質改善のチャンスです。共に頑張りましょう!

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2014年6月23日 (月)

日頃と違う企画

所長です。

先日、TKC埼玉西支部の企画でソフトボール大会を行いました。

Tkc20140620

税理士業界は親睦企画、というとゴルフになりがちですが、ゴルフだとやる人とやらない人がハッキリ分かれてしまいます。ソフトボールなら普段あまりスポーツをやらない方でも参加しやすい、ということで、TKC会員と提携企業の有志が集まり、初めてのソフトボール大会を行いました。

集まったメンバーの中には、普段から野球をやっている者もいれば、運動自体が久し振りという者まで。それでも、それなりに(?)形になったゲームを楽しむことができました。

日頃、研修会などでは顔を合わせているメンバーですが、スポーツの場では普段と違った一面も垣間見ることができ、それだけでも有意義でした。

皆様の会社でも何か日頃と違う企画を行ってみてはいかがでしょうか?スポーツに限ったことではありません。普段、一緒に飲みに行くことのない会社であれば、居酒屋に行くだけでもいいでしょう。バーベキューをする、なんて企画だってお金も掛からず、食事の支度から皆で協力しあいながら楽しめますよ。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2014年6月20日 (金)

終戦、それとも、奇跡?

所長です。

今日は仕事の前にワールドカップ観戦されていた方、多いのではないでしょうか?

日本時間の7時キックオフですから、基本的には9時前に試合終了。試合結果によって、一日元気で頑張れるか、重い気持ちになるか。

結果は言うまでもありませんが、0-0。初戦のコートジボワール戦を落としたのが痛いですね。2戦終わって勝ち点1。予選リーグ突破が極めて難しくなりました。

Wcup2014a

FIFAランキングでは3チームとも格上。そんな中で勝ちあがろう、ということ自体が夢物語なのかもしれませんが、そんな夢物語が現実になることもあるのがスポーツ。だからファンは夢を託して応援するのでしょう。

これで予選リーグ突破は極めて困難になりましたが、可能性が0になった訳ではありません。まだあと1試合あります。終戦と思わずに、かすかな希望かもしれませんが、信じて応援を続けましょう。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2014年6月19日 (木)

1つ3000円のガトーショコラ

所長です。

氏家健治氏著の「1つ3000円のガトーショコラが飛ぶように売れるワケ」。

Gatoshocora3000

著者はパティシエではなく、元々イタリアンシェフ。経営するイタリアンカフェのデザートで出していたガトーショコラが好評となり、ガトーショコラの専門店となります。

こちらで売られているのはたった1種類のガトーショコラ。1本250gで値段は3,000円。いわゆる高級スイーツです。これが月3000本以上、まさに飛ぶように売れています。

このガトーショコラが飛ぶように売れているのにはワケがあります。

もちろん、「美味しいから」というのは当たり前です。しかし、単に美味しいだけでは、流行り廃りに影響され、安定しません。確固たるブランド力がなければならないのです。

この「ブランド力」こそ、本来、中小企業が備えるべき力なのです。ブランド力は一朝一夕には身につきません。それこそ、日々の弛まなき種まきが必要であり、コツコツと地道な積み重ねが物を言います。

「たかがスイーツ」と思わず、本書の内容を自社のブランド力に重ね合わせてご一考頂きたいと思います。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2014年6月18日 (水)

オレたちバブル入行組

所長です。

池井戸潤氏著の「オレたちバブル入行組」。

Ikeido_hanzawa01

そろそろこれを読んでも「ミーハー」と言われないかな、と思い購入。

ここでピンと来たあなた、正解です。いわゆる「半沢直樹、大阪編」です。

もうドラマでおなじみのストーリーなので、言うまでもないでしょうが、支店長ゴリ押しの5億円の融資が焦げ付き、融資課長・半沢直樹が奮闘する内容。

ドラマとは設定が若干違う箇所もありますが、どうしても本書を読みながら頭に浮かぶのはドラマでの場面。堺雅人や及川光博がどうしても出てきてしまいます。但し、片岡愛之助は残念ながら登場しませんでしたが。あと、ドラマの場面と一番食い違うのは上戸彩でしょうか。(どう食い違うかは本書でご確認を。)

さて、やっと大阪編が読了しましたが、すでに手元には東京編もありますし、ルーズヴェルトゲームまであります。(ルーズヴェルトゲームはまだドラマも観れていませんが。)しばらく池井戸潤氏から離れられないかもしれません。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2014年6月17日 (火)

XK徒祭2014in狭山

所長です。

先日、当事務所の新年会でもパフォーマンスを披露して頂いたこともあるXK徒主催のイベント、「XK徒祭2014in狭山」に行ってきました。

Xkt201406a

早期に告知をして頂いたこともあり、前方の席で楽しむことができました。

今回はオープニングアクトとして地元の太鼓、ダンスが披露され、中盤では響、キンタロー、電撃ネットワーク、ドランクドラゴンなどのコント、物まねが続き、場内は大いに沸きました。

トリはもちろん、XK徒のマジックショー。私は何度となく観させて頂いておりますが、今回は家族連れ。子供たちは初めて観る本格的なマジックに大喜びでした。

Xkt201406b

今回は純粋にイベントとして大いに楽しむことができましたが、地元を大事にするXK徒・慶さんの気持ちが伝わる素晴らしいイベントだったと思います。

これからもXK徒主催のイベントが開催されると思います。機会がありましたら是非足をお運び下さい。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2014年6月16日 (月)

法人税率の引き下げ

所長です。

先日、埼玉中小企業家同友会では立教大学の山口義行教授を迎え、緊急学習会を行いました。

Doyu201406a

緊急学習会の内容とは、最近報道されている「法人税率の引き下げ」についてです。

現在、政府は数年のうちに実効税率を20%台(現在は約35%)に引き下げることを明言しております。

「税率が下がる」=「減税」という図式が簡単に思い浮かびますが、「減税」とは国家予算の減収を意味します。国家予算の削減が可能なのであれば、それで良いのでしょうが、現状では困難でしょう。

ということは、法人税率の引き下げによる減収分は他で穴埋めする必要があるのです。

では、その穴埋めはどこでするのか?

実は現在、財務省から出ている案では中小企業への負担増で穴埋めすることになるのです。この事はまだまだ報道が不十分なのであまり騒がれていませんが、特に中小企業経営者の方は今後の展開に十分注意する必要があると思われます。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2014年6月13日 (金)

障がいに負けない

所長です。

先日、川越税理士会の定期総会に出席しました。今回の特別講演はバンクーバーパラリンピック、アイスレッジホッケーの銀メダリスト、遠藤隆行氏。

Kz201406d

遠藤氏は生まれつき両足がなく、幼少期から車椅子での生活を余儀なくされました。しかし、養護学校ではなく、地元の公立の学校に通う経験を通して、「両足がなくても何でもできる」という価値観を育んだようです。

アイスレッジホッケーと出会った遠藤氏はみるみるうちに頭角を現し、ソルトレイクシティパラリンピックに出場。その後、トリノパラリンピックにはアイスレッジホッケーの主将として出場します。この2大会では惜しくもメダルを逃しますが、バンクーバーではついに銀メダルに輝きます。そして、大会MVPともいえる、ファン・ヨン・デ賞を日本人として初めて受賞もしました。

遠藤氏の体験談から学んだのは「できない理由は自分が勝手に作っている」ということ。メダリストとなった今も次の目標に向かって努力を続けている遠藤氏の姿を見ると自分が恥かしくなりました。

そして、障がい者としての体験談から感じたのは、障がい者は「守る存在」ではなく、「認める存在」であるということ。障がい者は「健常者に比べて色々なことができない」のではなく、「やり方が違う」だけなのです。ですからその「やり方」を理解すれば、もっと障がい者の社会進出が進むのではないでしょうか。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2014年6月12日 (木)

ディズニーシー

職員の鈴木です。

先日、ディズニーリゾートへ約15年ぶりに行ってきました。

今回行ったのはディズニーシーです。 ディズニー自体が15年ぶりなので、もちろんディズニーシーは初めてになります。

入園して景色を見たら、とても綺麗で日本とは思えないその空間に感動を覚えました(^◇^)

Suzuki201406a

アトラクションだけではなく、ショーも1時間くらい席取りをしていくつか見てきました。

知らないキャラクターばかりでしたが、それでもとても楽しめましたし、感動をして鳥肌も立ってしまいました(笑)

Suzuki201406b

閉園までいたのですが、現実の世界に戻りたくなかったので、閉園後もしばらく園内で余韻に浸っていました。

もし私と同じようにディズニーシーに行ったことがない方がいましたら、是非行ってみてください!!!本当おススメします。

今後、私はディズニーリゾートに年2回は行きたいと思いました。

いや、行きます(^_-)

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2014年6月11日 (水)

ヒットの正体

所長です。

山本康博氏著の「ヒットの正体」。

Hitshoutai

著者は「充実野菜」「リアルゴールド缶」「ルーツ」など飲料業界で“ヒット”商品の開発に携わりました。そこから見えた「ヒットの正体」とは、「潜在」需要を掘り起こすことです。

需要には「顕在」と「潜在」があり、すでに世間で求められているニーズが「顕在」需要、まだ世間で求められていないニーズが「潜在」需要です。

顕在需要のマーケットは競争が激しく、大資本による消耗戦が繰り広げられます。一方で潜在需要のマーケットは成熟するまでに時間を要し、先行者利得が大きく見込めるマーケットでもあります。

しかし、潜在需要の難しい所は「そう簡単には掘り起こせない」ことです。

そこで著者は潜在需要の掘り起こし方を本書で解説します。よく「クレームは宝」と言っている企業がありますが、まさにこれが潜在需要の掘り起こし方です。

顧客やマーケットが抱える不平、不満をいかにして解決するか、実はそこに潜在需要が隠れているのです。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2014年6月10日 (火)

こんな所でもブラジルW杯

所長です。

梅雨入りしてから連日の豪雨、皆様の周囲では被害は出ていないでしょうか?まだ不安定な天候が続くようです。くれぐれもお気をつけ下さい。

さて、いよいよあと3日でブラジルW杯が開幕します。会場建設の遅れや現地の治安の悪さが連日報道されていますが、しっかりと試合内容で世界を熱狂させて欲しいと思います。

ちなみに、最近では様々な所でブラジルW杯にあやかったものを見掛けますが、マクドナルドでは「ブラジルバーガー」。

Mac201406a

なんとバンズ(ハンバーグをはさんでいるパン)はサッカーボール型です。

そして18日からはジャパンバーガーが発売されます!マクドナルドを食べながらワールドカップ応援、という感じですね。

日本代表は15日のコートジボワール戦が初戦。しっかり応援しましょう!

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2014年6月 9日 (月)

プレミアムモルツ

所長です。

今日は税理士会青年部の研修でサントリーの武蔵野ビール工場を見学しました。

Kz201406a

サントリーでは原材料と製法にこだわり、「美味しいビールを届ける」ために工夫を積み重ねてきたのがよく分かりました。

Kz201406b

工場見学の後はお楽しみの試飲です。鮮度の高いビールは他で飲むよりも美味しく感じます。

Kz201406c

美味しく、楽しく、学ぶことができました。工場見学は基本的に無料ですから、お金をかけずに楽しく学べる機会ですから、たまには皆様も個人や職場などで行かれてみてもいいと思いますよ。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2014年6月 6日 (金)

SWOT分析

職員・宮司です。

昨日「リーダーズカフェ2014」第3回目が行われました。大雨の中参加していただいた皆様、ありがとうございました!

前半は「月次経営チェックノート」から抜粋した「行動計画管理シート」の活用方法について、私からお話をさせて頂きました(←緊張しまくりでした^^;)

Miyaji201406a

経営目標を達成するために何をしていけば良いのか?具体的な行動計画をたて、毎月きちんと行動を実践したのかどうかチェックするのと同時に、皆さんの頑張りが業績に結びついているのかどうかのチェックも大事です。。。

後半は所長の講師で「SWOT分析」についてディスカッションを中心に進んでいきました。

Miyaji201406b

誰でも知っている飲食店2社を例にとり、グループに分かれ、S(強み)W(弱み)O(チャンス)T(脅威)を考え発表していただきました。参加者の皆さんそれぞれ楽しみながら話し合っていただき、色々な意見が出て盛り上がりました。

ぜひ今度は貴社の「SWOT分析」について考え、今後の経営に役立てて頂きたいと思います。今まで気付かなかったことが見えてくるかもしれません。。。

次回は7月10日(木)「相続対策」がテーマです。ぜひ参加をお待ちしております(^_^)/~

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2014年6月 5日 (木)

書面添付と意見聴取

所長です。

本日は税務署にて、意見聴取を受けておりました。

意見聴取とは、申告書に「書面添付」といわれる資料が付いている場合、税務調査の対象に選定されたときに行われる手続きです。

Zeimu_2

通常、税務署の中で税務調査の対象が選定され、税務調査が行われます。しかし、書面添付がなされている申告書の場合、税務調査を行う前に「意見聴取」といって、顧問税理士にヒアリングを行わなければならないのです。

この意見聴取が行われると、場合によっては「調査省略」、つまり、税務調査の対象先として選定されたにも関わらず、税務調査が実施されないこととなるのです。当事務所でも実際に「調査省略」となったケースもあります。これは納税者の立場からすればとても有意義なことだと思います。

本日もその過程で意見聴取を受けた訳です。まだ結果は出ておりませんが、いきなり税務調査が実施されることと比較すれば、納税者のためになる取り組みが出来たのではないかと思います。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2014年6月 4日 (水)

永遠の0

所長です。

映画化もされて話題となった、百田尚樹氏著の「永遠の0」。

Zero

本作は孫が戦士した祖父の半生を辿る形を取りながら、太平洋戦争や特攻隊の真実に迫っています。

本作によれば、太平洋戦争の敗因は「兵士を消耗品扱いした軍の上層部の戦略ミス」となるのでしょうが、これは現代の企業経営にもつながる点があると思います。従業員を消耗品ではなく、「人財」として捉えれば、自ずと答えは違ってくるでしょう。

又、現場を知らない人が経営者になったらその会社はどうなるでしょう?おそらくその会社の経営は空中分解するでしょう。しかし、当時の軍の上層部では実際に戦地の状況を正しく理解していなかった節があります。

もちろん、当時には現代と違った状況下で、一概に現代と比較することはナンセンスだと思いますが、少なくとも現代の会社経営に当てはめて考えると、様々な問題点を見つけることができます。

本書の内容に戻ると、本作がヒットしたのは理解できます。劇場では観れなかったので、ぜひDVDで鑑賞してみたいと思います。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

本気の企業防衛

所長です。

昨日はTKC埼玉西支部の企業防衛の研修会に出席しておりました。

TKC千葉会から知念直美先生を講師にお迎えし、ご自身の企業防衛の推進についてご講演頂きました。

Daido201406

企業防衛とは、経営者の健康状態が経営に大きな影響を及ぼす中小企業において、リスクマネジメントとして生命保険を活用することです。経営者の突然の死や病気が原因で倒産や廃業に追い込まれる中小企業は多く、担保に入れた自宅まで手放すことになるケースも少なくないのです。

知念会計では驚異的な付保率70%超を誇ります。付保率70%とはクライアントの7割以上に企業防衛を推進している、ということ。

もちろん、すべてのクライアントに対して推進するのが理想なのですが、生命保険という制度を活用するため、高齢や病気を理由にどうしても「保険に入れない人」が出てしまいます。そう考えると7割というのは驚異的な数字なのです。

これは知念先生の「絶対にクライアントを守るんだ」という情熱の賜物なんだ、と実感しました。

ちなみに今回の研修では、弊所の中沢がミニ研修の講師を担当しました。

Daido201406b

会場は120名超の満員状態でしたが、何とか無事、大役を果たしました。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2014年6月 3日 (火)

心に棲む人へ

所長です。

先日、TKC全国会から献本された一冊。TKC全国会副会長、永田智彦氏著の「心に棲む人へ」。

Tkc_nagata201406

本書はTKC会員ならではの一冊かもしれません。ある税理士の半生記、という流れで書かれておりますが、それを通じてTKC会員税理士が今後、どのように進むべきかを示唆する内容となっております。

TKC全国会では「自利利他」という理念を掲げ、中小企業の繁栄に対し、並々ならぬ情熱を注いでいます。しかし、2:6:2の原則の通り、どのような組織であっても「動かない人」というのは存在するものです。これを「仕方ない」で片づけてしまうと組織は成長しません。「また同じ事言ってる。もう聞き飽きたよ。」と言われようが、繰り返し訴え続けなければならないのです。

このような場合、理念を滔々と説く文章もいいですが、半生記のようなスタイルを借りて伝える、というのも上手なやり方だな、とも思いました。ディズニーランドでも物語性を重視しています。このアトラクションにはこんなストーリー設定があって…といった具合に随所に物語性を織り込んでいます。物語にした方が人の記憶に浸透し、なおかつ残るのでしょう。

このため、企業の営業でも、顧客に訴えたいポイントを物語化するといいかもしれません。それこそ、経営者がその企業を育て、商品を世に出すまでの苦労話…というものがあるとブランドイメージやプレミア感を上手く演出することができるかもしれません。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2014年6月 2日 (月)

嵐山渓谷

所長です。

6月に入ったばかりだというのに既に猛暑ですね。エルニーニョで冷夏、というのが今年の予想でしたが、今の所、「今年も猛暑」という感じですね。

それでも可能な限り、アウトドアを楽しみたいですね。ということで、先日、家族で嵐山渓谷へ。自宅から40分程度、気軽なアウトドアですね。

Bbq201406a

河原で川遊びにバーベキュー、というまたお金のかからないレジャー。それでも子供たちは大喜びです。

Bbq201406b

ここは売店もあるし、トイレ、水場もしっかりしているので川遊びとバーベキューにはもってこいですね。川も大人の膝くらいまでしか水深がなく、流れも緩やかなので、小さな子供でも安心して遊ばせられます。川の中には小魚が泳いでいて、それを追いかけてるだけでも子供たちは大喜びです。

今はホームセンターやスポーツ用品店で簡単にアウトドアグッズを購入できるので、手間もお金もあまりかけずに楽しめるレジャーですから、今年の夏もたっぷり楽しみたいと思います。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »