« 人手不足 | トップページ | 明日からクールビズ開始です »

2014年5月29日 (木)

職場の健康管理

所長です。

本日は飯能の研修会社、篤志館様の企画で健康講座を受講しておりました。

さて、皆様の考える健康とは何でしょうか?

健康診断の数値が良好なことでしょうか?毎日、ご飯を美味しく食べられることでしょうか?毎日、笑顔が絶えないことでしょうか?

WHOの見解では、「肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた状態」を健康と定義づけているようです。そう考えると、「健康診断の数値がいい」ということではないと理解できますよね。ひと言で言えば、「元気がある」ということなのでしょう。

では、健康になるためには元気になればいい、ということで、元気が出るためにはどうしたらよいのでしょうか?元気とは外部から注入されるものでなく、本来、自らの体内から湧き出てくるものです。「心主体従」、つまり、体は心に従うものなのです。逆説的に言えば、「病は気から」ということでしょう。

しかし、気分が落ち込んでいる状態で自ら「心のスイッチ」を入れようとしても、これは難しいですよね。そんな時、「理論的」に言えば、交感神経を刺激するといいようです。交感神経の刺激の仕方にはいくつか方法があるようですが、簡単なのは「ストレッチ」です。

今日はいくつか、職場でも出来る簡単なストレッチを教えて頂きました。

Tokushikan201405

まあ、簡単と言っても、インストラクターの方に捻られると結構ツライのですが。でも受講し終わった後はとてもスッキリした気分になれました。交感神経に刺激が届いたのでしょう。

回りくどい事を書きましたが、日常生活にストレッチを入れると効果的ですよ、という事です。ぜひ皆様の職場でもやってみてはいかがでしょうか?

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

« 人手不足 | トップページ | 明日からクールビズ開始です »

研修会・会議」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 人手不足 | トップページ | 明日からクールビズ開始です »