« 3年目の3.11 | トップページ | 理念の浸透 »

2014年3月12日 (水)

泣き虫社長、奮闘記

所長です。

今日は埼玉中小企業家同友会、女性経営者クラブ・ファム3月例会に出席しておりました。

今回は有限会社福祉ネットワークさくら社長の横山由紀子氏の「泣き虫社長、奮闘記」。

Doyu20140312

横山氏は親の経営する介護施設を承継しますが、様々な経営課題が立ちはだかり、くじけそうになりながらも苦難を乗り越えました。その話はまさに経営者の生の声であり、キレイ事では済まない中小企業経営の真の姿に触れた気がしました。

企業経営に特効薬はなく、生身の人間が行うものですから時には感情の問題も生じ、計算式通りに行くものではありません。

その中で苦難を乗り越えられる術が一つあるとすれば、経営者と従業員が同じ方向を向き、力を合わせることに尽きるのでしょう。これはチームスポーツと一緒ですね。プレイヤー個々の技量も大切ですが、それ以上にベクトル合わせが重要なのです。

経営者と従業員のベクトルを合わせるにはSNSなどのデジタル技術を活用するのもいいですが、やはり対面での交流に勝るものはありません。最近では社員旅行や運動会といった行事を復活させる企業も増えているようです。一緒に笑い、一緒に感動することでお互いに心を開き、組織の活性化につながるのです。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

« 3年目の3.11 | トップページ | 理念の浸透 »

研修会・会議」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 3年目の3.11 | トップページ | 理念の浸透 »