« 浜名湖花博2014 | トップページ | ゲームのルールを変えろ »

2014年3月26日 (水)

会計で経営力強化

所長です。

今日は中小企業庁主催の「中小会計要領フォーラム」に出席しておりました。

Kaikei201403

一昨年より新しい中小企業のための会計ルールである「中小会計要領」ができましたが、この中小会計要領が出来た背景を理解している方がまだまだ少ないように思えます。そこで中企庁では中小会計要領の普及政策の一環として今回のような企画をしています。

中小会計要領の目指す所は「会計を中小企業経営の現場に活かす」ことであり、会計処理そのものは簡素化している一方で、「記帳の適時性」を求めています。

半年前や一年前の数値では、環境変化の激しい現代において、経営判断の材料にすることはできません。最低でも月次決算が求められます。

今回登壇された経営者の中には、「全社員に簿記3級を取得させている」という方もいらっしゃいました。社員一人一人が「どうしたら儲かり、どうしたら損するか」を理解していれば、現場の動きそのものが変わってきます。

又、決算書を健康診断に例えた方もいらっしゃいました。診断結果がいい加減だったり、改竄されていたら適切な治療ができません。大事なのは経営課題が素直に数値に表れているかどうか、なのです。

会計が経営力強化に役立っていることを実感した有意義なフォーラムでした。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

« 浜名湖花博2014 | トップページ | ゲームのルールを変えろ »

研修会・会議」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 浜名湖花博2014 | トップページ | ゲームのルールを変えろ »