« Oggi | トップページ | 桜とチューリップと300円の饅頭 »

2014年3月17日 (月)

直感力

所長です。

本日、無事、確定申告業務が終了しました。

ちなみに、還付申告をしたい方は明日以降でも申告できますので、ご安心下さい。(納税の方は加算税がつきますよ。)

さて、羽生善治氏著の「直感力」。

Chokkanryoku

将棋の羽生、と言って知らない方はいないでしょう。

一流の棋士は過去の棋譜が頭の中に入っており、瞬時に何万通りもの打ち手の中から一手を選びます。

それを「直感」というのであれば、これは単なる「当てずっぽう」ではありませんし、「一か八か」というものでもありません。過去の経験に裏打ちされた判断力、と言えるでしょう。

著者は「長考したからといって、いい手が思いつくわけではない」と言います。むしろ直感で打った一手の方がいいようです。

しかし、直感とは過去の経験に裏打ちされたものであるということは、劇的に直感力を鍛えるテクニックがある訳ではありません。コツコツと地道に積み重ねた努力の量が物を言うのです。イチローだって、誰よりも素振りをしているのです。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

« Oggi | トップページ | 桜とチューリップと300円の饅頭 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Oggi | トップページ | 桜とチューリップと300円の饅頭 »