« 会計で経営力強化 | トップページ | 今年初めてのゴルフ »

2014年3月27日 (木)

ゲームのルールを変えろ

所長です。

ネスレ日本の社長、高岡浩三氏著の「ゲームのルールを変えろ」。

Gemerule

著者は初めて日本人としてネスレの日本法人の社長に就任されています。いわば、今までの慣習を壊した形になるのでしょうが、企業経営において「過去の慣習を壊す」必要が多々あるでしょう。(もちろん、無闇やたらにはいけませんが。)

ネスレという会社について、「名前は知ってる」という方が多いでしょう。しかし、社名と商品が結びついていないことが多いかもしれません。コーヒーのネスカフェ、チョコレート菓子のキットカットなど、いわゆる定番商品が数多くあります。

「きっと勝つ」の語呂合わせでキットカットが受験生向けに売れているのはご存知でしょう。しかし、最初からこの売り方が人気だったわけではありません。受験シーズンに受験生が宿泊することが多いホテルに対する地道な営業努力で少しずつ効果が表れ、今ではスーパーやコンビニで受験シーズンにかかせない商品となったのです。

この営業努力の裏にはまさに「ゲームのルールを変える」努力がありました。「うちの業界ではこれが当たり前だから、そんなことはできないし、やっても無駄」と言う経営者が多くいます。しかし、それは単なる思い込みであり、経営努力を怠っているだけです。

現在、7割以上の企業が赤字です。つまり、「周りの人と一緒」とは即ち「赤字」を意味します。他の人がやっていないからこそ、輝くことができるのです。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

« 会計で経営力強化 | トップページ | 今年初めてのゴルフ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 会計で経営力強化 | トップページ | 今年初めてのゴルフ »