« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月31日 (月)

消費税8%イブ

所長です。

今日は3月31日。いわゆる年度末ですが、明日4月1日からいよいよ消費税が8%になります。

消費税8%イブ。

こんな表現をすれば、少しワクワクするような気がしますが、いかがでしょうか?

実際には色々な所で混乱があると思います。ビジネスでは今日中の納品ができるか、明日になってしまうかで揉めることもあるでしょう。深夜営業の業種では、いつから8%に切り替えるか、又、切り替えた後の事務作業に悩まされることもあるでしょう。

今日まで「買いだめ」に走っている方も多いようですが、個人的にはもう少し落ち着いて行動して頂いてもいいかと思います。特にビジネスでは過剰な在庫はかえって資金繰りを圧迫しますから、冷静な判断が必要でしょう。

今日で32年間続いた「笑っていいとも」も最終回。色々な節目の日ですが、楽しむつもりでお過ごし下さい。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2014年3月28日 (金)

今年初めてのゴルフ

職員の矢部です。

先日、事務所でゴルフに行きました。確定申告も無事終わり、気候も良くなったところで今年初めてのゴルフです。

Yabe201403a_2

本番前に何度か練習場に通いましたが、中々うまくいくものではありません。

そんな中でも、まぐれでバーディーを取ることができました。大変興奮しました。あまり考えずに打ったのが良かったのでしょうか?

また、優勝もすることができ喜びも倍増でした。

これから気候も良くなり、ゴルフにはうってつけだと思います。次回も優勝にからめるように練習していきたいと思います。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2014年3月27日 (木)

ゲームのルールを変えろ

所長です。

ネスレ日本の社長、高岡浩三氏著の「ゲームのルールを変えろ」。

Gemerule

著者は初めて日本人としてネスレの日本法人の社長に就任されています。いわば、今までの慣習を壊した形になるのでしょうが、企業経営において「過去の慣習を壊す」必要が多々あるでしょう。(もちろん、無闇やたらにはいけませんが。)

ネスレという会社について、「名前は知ってる」という方が多いでしょう。しかし、社名と商品が結びついていないことが多いかもしれません。コーヒーのネスカフェ、チョコレート菓子のキットカットなど、いわゆる定番商品が数多くあります。

「きっと勝つ」の語呂合わせでキットカットが受験生向けに売れているのはご存知でしょう。しかし、最初からこの売り方が人気だったわけではありません。受験シーズンに受験生が宿泊することが多いホテルに対する地道な営業努力で少しずつ効果が表れ、今ではスーパーやコンビニで受験シーズンにかかせない商品となったのです。

この営業努力の裏にはまさに「ゲームのルールを変える」努力がありました。「うちの業界ではこれが当たり前だから、そんなことはできないし、やっても無駄」と言う経営者が多くいます。しかし、それは単なる思い込みであり、経営努力を怠っているだけです。

現在、7割以上の企業が赤字です。つまり、「周りの人と一緒」とは即ち「赤字」を意味します。他の人がやっていないからこそ、輝くことができるのです。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2014年3月26日 (水)

会計で経営力強化

所長です。

今日は中小企業庁主催の「中小会計要領フォーラム」に出席しておりました。

Kaikei201403

一昨年より新しい中小企業のための会計ルールである「中小会計要領」ができましたが、この中小会計要領が出来た背景を理解している方がまだまだ少ないように思えます。そこで中企庁では中小会計要領の普及政策の一環として今回のような企画をしています。

中小会計要領の目指す所は「会計を中小企業経営の現場に活かす」ことであり、会計処理そのものは簡素化している一方で、「記帳の適時性」を求めています。

半年前や一年前の数値では、環境変化の激しい現代において、経営判断の材料にすることはできません。最低でも月次決算が求められます。

今回登壇された経営者の中には、「全社員に簿記3級を取得させている」という方もいらっしゃいました。社員一人一人が「どうしたら儲かり、どうしたら損するか」を理解していれば、現場の動きそのものが変わってきます。

又、決算書を健康診断に例えた方もいらっしゃいました。診断結果がいい加減だったり、改竄されていたら適切な治療ができません。大事なのは経営課題が素直に数値に表れているかどうか、なのです。

会計が経営力強化に役立っていることを実感した有意義なフォーラムでした。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2014年3月25日 (火)

浜名湖花博2014

職員・宮司です。

先日お彼岸に静岡県浜松市にお墓参りに行ってきましたので、近くで開催している「浜名湖花博2014」に寄ってきました。

Miyaji201403a

今回の花博は2つの会場で開催されていますが「浜名湖ガーデンパーク」は4月5日からの開催なので、私は先行開催されている「はままつフラワーパーク」に行ってきました。

こちらの前半の見どころは“1,300本の桜”と“50万球のチューリップ”の競演との事!「世界一美しい庭園」という事で期待しましたが、、、私が行った時には桜はやはり早かったようで、、、こんな感じでした。。。(←一応分かってはいましたが^^;)

Miyaji201403b

6月15日の閉幕まで各々の会場で見どころが変わっていきますので、お近くに行かれた際にはぜひ寄ってみて下さい(^^♪

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2014年3月24日 (月)

リーダーズカフェ「税制改正」

職員の今井です。

先週、事務所主催セミナー「リーダーズカフェ2014」を行いました。今回のテーマは「税制改正」です。2冊のテキストを使いながら進行しました。

Imai201403a_2

消費増税を目前に控え、今後社会にどのような影響が及び、生活がどう変わっていくのか、関心の高まるところです。

消費税率アップにより納税額が増えるということは、中小企業の資金繰りを圧迫します。税制上の対策と共に、売上をアップしキャッシュフローを良くするなど、経営上の対策も必要になってきます。

また、今後段階的に消費税が10%に引き上げられることも予想されます。帳簿上に5%、8%、10%の税率が入り乱れることになるかもしれません。しっかり帳簿をつけておくことが必要不可欠になってきます。仕入税額控除を受ける為には、「取引年月日」「取引先名」「取引内容」「取引金額」の記載が必須です。これがないと、税務調査を受けた時、否認される事例もあるようです。

消費税の転嫁対策も重要です。転嫁拒否に対する国の取締りを期待してばかりはいられません。ここはしっかりと自助努力により、増税分を自社商品に価格転嫁していかなくてはなりません。

Imai201403b

26年度の税制改正では、法人税制で、経済成長を実現する為に、積極的な投資を促進させるための税制措置が新設されています。

中小企業の約7割が赤字経営だと言われる中、ただ手をこまねいているだけでは、増税の波に飲み込まれて、経営がさらに厳しくなることは必至です。

厳しい中でも、先行投資として、税制を上手く利用して設備投資をしたり、社員教育に力を入れたり、対策は色々あるはずです。出来るところからスタートしてみてはいかがでしょうか?

難しい話の後は、恒例の懇親会です。疲れた頭をアルコールでほぐし、経営上の悩みや、やりがい、また世間を騒がしているニュースや雑談などなど、ありとあらゆる話で大いに盛り上がりました。異業種の方々とのこういうやり取りが、明日への活力になったり、気付きやヒントになったりしますよね。

本当に楽しく有意義なひと時を過ごすことが出来、参加して頂いた方々に心から感謝です。

リーダーズカフェの次回は6月5日(木)です。テーマは「SWOT分析」。自社の強みを知って、経営に活かしましょう!単発の参加大歓迎です。是非、ご参加ください!

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2014年3月20日 (木)

熱海出張

所長です。

昨日から1泊で熱海へ出張してきました。

東京駅から新幹線で熱海へ。新幹線に乗るとなんとなく旅情気分になってしまいます。

Atami201403a

熱海着がちょうど昼時だったので、熱海駅付近で昼食を。本当は新鮮な魚介類を食べたかったのですが、目についたのがうどん屋さん。ちょうど空いていたので入店。それでも地域性のあるものが食べたかったので、あした葉うどんを注文。

Atami201403b

あした葉入りのうどんに、あした葉の天ぷら付き。あした葉の天ぷらは好きなので、ちょっと嬉しかったですが、あした葉って熱海の特産品でしたっけ?(伊豆諸島でしょうか。)

昼食を済ませたら、目的地の熱海後楽園ホテルへ。用件はTKC全国会の企業防衛制度推進委員会の会議でした。

Atami201403c

全国の同業者との交流はとても有意義でした。ちょっとスケジュールがハードでしたが、今回吸収した内容を皆様にお伝えしていきたいと思います。

ところで、海のない埼玉県民にとって、海が見える景色は嬉しいものです。今回もホテルの部屋からの眺望を楽しみにしておりましたが、残念な雨模様。

Atami201403d

折角の熱海、温泉やら海やら楽しめればいいのですが、そうも言ってられず、会議が終わって昼食を食べたら、また熱海駅から新幹線に乗りました。去年は家族旅行でも訪れましたが、またゆっくり熱海を楽しみたいと思います。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2014年3月19日 (水)

低成長時代に業績を伸ばす社長の条件

所長です。

同業の先輩でもある関根威氏著の「低成長時代に業績を伸ばす社長の条件」。

Teiseichou

現在の日本はいわゆる高度成長期のようなバブル景気は望めません。企業の7割が赤字という緊急事態にも関わらず、なんとなく生活していけるため、あまり切羽詰まった感じがありませんが、これは異常事態だと思います。

では、この異常事態に中小企業はどのように努力したら良いのか?単に朝から晩まで仕事したら「頑張っている」と思われるのはやはり高度成長期であって、現在のように景気が低迷している時代では前年比100%の努力では減収減益になってしまうのです。

これからは「努力の仕方」にも経営者は心を砕かなければなりません。企業の7割が赤字、ということは「他人と一緒」という日本人が好む感覚では「赤字」が当たり前ということになります。

黒字にしたいのであれば、ある意味、「常軌を逸している」状態でなければなりません。どうしたら良いか迷っている経営者は本書を読み、今後の指標にして頂きたいと思います。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2014年3月18日 (火)

桜とチューリップと300円の饅頭

所長です。

先日、今年初の東京ディズニーランドへ。

卒業式シーズンということもあり、パーク内は学生グループも交じり、いつもながらの大盛況でした。

さて、私はいつもディズニーに行くと目が行ってしまうのはパーク内の植栽。今回目についたのは桜。

Tdl201403a

写真では分かりづらいかと思いますが、ミニーの家の奥で桜が咲いていました。この時期に咲いているので、おそらく河津桜かと思いますが、他にもチューリップが咲いており、パーク内はすっかり春でした。

ちなみに、朝からパーク内で遊んでいると当たり前ですが、お腹がすきます。パーク内には多くの飲食店がありますが、基本的に「高い」ですよね。でも、高くても買わせるのがディズニー。スイーツだってこの通り。

Tdl201403b

キャラクターを模した饅頭はなんと1個300円。これがスーパーで売られていて、ディズニーキャラクターを模していなければ絶対に「高い」と言われて、買ってもらえない商品でしょう。

ホスピタリティだけでディズニーは好業績になっている訳ではありません。そこにはしっかりと儲ける仕組みがあります。 だからこそ多くの企業が参考にするのです。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2014年3月17日 (月)

直感力

所長です。

本日、無事、確定申告業務が終了しました。

ちなみに、還付申告をしたい方は明日以降でも申告できますので、ご安心下さい。(納税の方は加算税がつきますよ。)

さて、羽生善治氏著の「直感力」。

Chokkanryoku

将棋の羽生、と言って知らない方はいないでしょう。

一流の棋士は過去の棋譜が頭の中に入っており、瞬時に何万通りもの打ち手の中から一手を選びます。

それを「直感」というのであれば、これは単なる「当てずっぽう」ではありませんし、「一か八か」というものでもありません。過去の経験に裏打ちされた判断力、と言えるでしょう。

著者は「長考したからといって、いい手が思いつくわけではない」と言います。むしろ直感で打った一手の方がいいようです。

しかし、直感とは過去の経験に裏打ちされたものであるということは、劇的に直感力を鍛えるテクニックがある訳ではありません。コツコツと地道に積み重ねた努力の量が物を言うのです。イチローだって、誰よりも素振りをしているのです。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2014年3月14日 (金)

Oggi

所長です。

今日、お付き合いのある大和ハウスさんから雑誌を頂きました。不動産関係の雑誌ではありません。女性向けファッション雑誌「Oggi」。

Oggi201403a

やっぱり一流の営業マンはファッションセンスも磨くため、お勉強。

Oggi201403b

ふむふむ。。。

ではなく、最近、上野樹里と仮面ライダーのテレビCMでもおなじみの大和ハウスの女性向け賃貸住宅「SW」の紹介記事が掲載されています。

Oggi201403c

以前、お台場にヴィーナス・フォートを作った時、大前研一氏が「女性が集まれば男も集まる」と言いましたが、賃貸物件にも同様のことが言えるようです。このSWも女性目線で作られ、人気を博しています。

商品やサービスを考える時、女性目線だったり、子供目線やお年寄り目線、障がい者目線というように目線を変えてみることも大事なのかもしれません。

皆様の扱っている商品、サービスもちょっと目線を変えてみたらいかがでしょうか?思わぬ発見があるかもしれませんよ。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2014年3月13日 (木)

理念の浸透

所長です。

今日はTKCの企業防衛委員会の会議に出席しておりました。

TKC企業防衛委員会では、中小企業のリスクマネジメントのために生命保険の活用を推進しているのですが、なかなか推進施策の策定は難しいものです。

本来、理念のある良い取り組みであれば、賛同者が集まり、放っておいても自然と広まっていく、と思われがちです。

しかし、人は「他人の意見」をすんなりとは受け入れてくれないものです。

人によっては「お客様のメリット、デメリット」の前に「自分のメリット、デメリット」を優先してしまう方もいます。実は結果的には「自分のメリット」になるのに、一見しただけでは「自分のデメリット」のように映ってしまい、「お客様のメリット」まで考えが及ばない、というケースもあるでしょう。

保険は加入時に「保険に入れてうれしい!ありがとう!」と喜んでくれる方は滅多にいません。どちらかというと「面倒くさい」「高い」「必要性を感じない」と嫌な顔をされるケースの方が多いでしょう。しかし、リスクマネジメント上、本当に必要な保障であれば、じっくりと説明し、「なるほど、たしかにこの保険は必要だ!」と思って頂かなければならないのです。

そのためにはリスクマネジメントの提案をする側に「よし、リスクマネジメントの提案をしよう!」という気になってもらう必要があります。それが「推進施策」になるのです。

会社の中でも、経営者が一生懸命、理念を叫んでも実はなかなか社内に浸透しません。そのため、いかにしたら理念が浸透するか、その仕組みづくりをしなければなりません。場合によっては、「これをやったら、いくら手当をつける」というようにお金で釣ることもあるでしょう。

まずは「理念が分からなくてもいいからやってみる」仕組みを作り、その結果、「やってみたら良かった」という成功体験を導き出すことによって、次第に理念が浸透していくのです。形から入って心に至る、のです。

貴社では「理念を浸透させるための仕組み」は作れているでしょうか?

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2014年3月12日 (水)

泣き虫社長、奮闘記

所長です。

今日は埼玉中小企業家同友会、女性経営者クラブ・ファム3月例会に出席しておりました。

今回は有限会社福祉ネットワークさくら社長の横山由紀子氏の「泣き虫社長、奮闘記」。

Doyu20140312

横山氏は親の経営する介護施設を承継しますが、様々な経営課題が立ちはだかり、くじけそうになりながらも苦難を乗り越えました。その話はまさに経営者の生の声であり、キレイ事では済まない中小企業経営の真の姿に触れた気がしました。

企業経営に特効薬はなく、生身の人間が行うものですから時には感情の問題も生じ、計算式通りに行くものではありません。

その中で苦難を乗り越えられる術が一つあるとすれば、経営者と従業員が同じ方向を向き、力を合わせることに尽きるのでしょう。これはチームスポーツと一緒ですね。プレイヤー個々の技量も大切ですが、それ以上にベクトル合わせが重要なのです。

経営者と従業員のベクトルを合わせるにはSNSなどのデジタル技術を活用するのもいいですが、やはり対面での交流に勝るものはありません。最近では社員旅行や運動会といった行事を復活させる企業も増えているようです。一緒に笑い、一緒に感動することでお互いに心を開き、組織の活性化につながるのです。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2014年3月11日 (火)

3年目の3.11

所長です。

今日は何の日?って聞かなくても皆様、お分かりですよね。

3年前の今日、東日本大震災が発生しました。

あの日、皆様はどこで何をしていたでしょうか?お昼ご飯は何を食べていましたか?

ちょうどあの日、クライアントを訪問し、まだお昼ご飯を食べていなかったこともあり、事務所に帰る前にどこかに寄ってご飯を食べようかな、と思い、車に乗り込もうとしていました。

ところが突然、地面が揺れ出しました。はじめは目眩かと思い、「ちょっと疲れてるのかな」と思った程度でした。しかし、目の前の車が大きく揺れているのを見て、尋常ではないことが目の前で起きていることにはじめて気付きました。

その後、何とか事務所に戻って投稿したのがこちら

そして計画停電が実施され出した頃に投稿したのがこちら

計画停電が当たり前のようになってきている頃に投稿したのがこちら

遠い昔のようにも感じられますが、たった3年前のことです。この時、気にしていたことでも、いつの間にか忘れていたこと、沢山あるような気がします。

決して大地震の恐怖を思い出せ、というつもりはありません。けれども、折角あの時気が付いたこと、ぜひ忘れずにいて頂きたいと思うのです。

「明日」があることはそれだけで奇跡です。「あなた」に会えることはそれだけで奇跡です。今日も皆様へのご縁に感謝します。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2014年3月10日 (月)

関東甲信越青年経営者フォーラム

所長です。

先週末、中小企業家同友会の第一回関東甲信越青年経営者フォーラムが上野で開催されたので出席してきました。

関東甲信越を中心とした青年経営者が約120名集い、学び合いました。

今回の記念講演はGcomホールディングスの平石勝之会長。平石氏は福岡同友会で青年部を設立し、まさに同友会青年部の生みの親。そして、同友会での学びを自社で実践し、会社を見事に成長させてこられました。まさに「不離一体」の具現化をされています。

Doyu20140308

記念講演後のグループ討論では、今回はグループ長を務めさせて頂きましたが、自社の経営課題について語り合うことができました。

中小企業の経営課題は突き詰めていくとやはり「人」の問題に直面します。大企業と比べて人材確保に課題がありますが、そこを乗り越えなければ会社の成長が見込めません。

そこで大半の経営者はなんとか人材確保に結び付けようと「働きやすい職場」をつくろうとします。しかし、本当に必要なのは「働き甲斐のある職場」なのです。この二つは似て非なるものです。

「働き甲斐のある職場」ではきっと従業員から自主性が芽生え、自己実現の喜びへと昇華していくのではないでしょうか。経営者はそこを目指すべきなのでしょう。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2014年3月 7日 (金)

今年の税務相談ラスト

所長です。

今日は地元、鶴ヶ島市商工会にて税務相談会でした。

Tsuru201403

これで今年の確定申告での「出勤」はラストです。

他会場と比べて商工会での相談会の特色は「事業所得」や「不動産所得」といった、いわゆる商売としての収入がある方が対象であること。これは対象者が商工会の会員であるためです。

この手の申告は事務所の通常業務として行っているので、特に難しいことはないハズですが、実際には現在の事務所業務はかなりの割合でIT化され、申告書を手書きで作ることはほとんどありません。そのため、細かい「書き間違い」や「計算ミス」を犯しがちなので注意が必要です。

今日の相談会では、世間一般では「廃れた業種」と見られ、高齢化が進んでいる業種で独立開業し、しっかりと業績を伸ばしている30代の方に出会いました。やはり、業種や業界が悪いのではなく、経営者に元気があれば違う結果が出るのだ、と改めて思いました。

さて、確定申告もあと一週間ほどとなりました。まだ済ませていない方はお急ぎ下さい!

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2014年3月 6日 (木)

ノンアルコールビール

所長です。

最近、アルコール0.00%を謳うノンアルコールビールが売れています。昔に比べてかなり「ビールっぽい」味が出ており、車の運転などでアルコール摂取ができない時に重宝されています。

かくいう私も車移動が多く、このノンアルコールビールのお世話になることが多いです。(でも本当は「本物の」ビールの方がいいですよね。)

さて、今日はこんな記事を見つけました。

ノンアルコール飲料は子供が飲んでも良いの?

私は実際に、小学校高学年の子供が親の目の前でノンアルコールビールを飲んでいる(舐める程度ではなく、ゴクゴクと。)のを見たことがあります。私は一瞬、「えっ?」と思いましたが、その子の親は特に問題を感じていないようでした。

この記事によれば、現在の科学的根拠からは「飲んでも問題なし」となっているようですが、皆様はどう感じるでしょうか?

ノンアルコールビールを「美味しいから」という理由で飲んでいる方はほとんどいないと思います。本当はビールを飲みたいのに、車の運転や健康上の理由から「仕方なく」飲んでいる方がほとんどでしょう。

つまり、ノンアルコールビールを飲んでいても、本当に欲しているのはビールなんですよね。

そう考えると、子供が飲んでも大丈夫か?という問題とは別に、子供が飲んでも良いか?という問題があるのだと思います。

私は「飲んでも大丈夫」だとしても、「飲んではダメ」だと思います。いかがでしょうか?

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2014年3月 5日 (水)

DOYOUさいたま3月号

所長です。

私事で恐縮ですが、加入している埼玉中小企業家同友会の会報誌「DOYOUさいたま」3月号にて、裏表紙に掲載して頂きました。

Doyousaitama201403

記事の中では「私の半生記(要約版)」といった感じで紹介して頂いておりますが、中には「お化粧」して頂いた記載もあり、何だかお恥ずかしい限りです。

私にとっては自己PRというよりも、今までの振り返りとこれからの展望を改めて認識できた、という意味で貴重な体験でした。

もし今号を目にされる機会がありましたら、ちょっと気に留めて頂けると幸いです。

いずれにしても、日々のご縁の積み重ねが少しずつ具現化されてきていることを実感しています。ある日突然、劇的に日常が変化することは通常ありません。けれども、5年、10年と経過した時に「ああ、だいぶ変わったなぁ。」と思えるかどうかは重要だと思います。それは日々のご縁の積み重ねの賜物ですから、感謝を忘れずに過ごしていきたいと思います。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2014年3月 4日 (火)

エネルギーチャージ

所長です。

いよいよ確定申告も佳境に入ってきました。確定申告が必要な方、もうお済みですか?早めに済ませた方がいいですよ。

この時期、(おそらくどこの会計事務所でもそうだと思いますが)当事務所では深夜残業が連日続くため、簡単な夕食を取るようにしています。飲まず食わずでは、深夜に帰宅してからの食事で体調を崩してしまいますし、ある程度栄養を取りながら仕事した方が能率もいいような気がします。(もちろん、食べ過ぎてはいけませんが。)

なので、夕食といっても、本当に簡単に済ませられるメニューになります。

先日は松屋の牛丼。

Enecharge201403a

昨夜はお客様から和菓子の差し入れがあったこともあり、カップヌードル。

Enecharge201403b

当事務所では今週が確定申告のピーク。来週は落ち着いてくるハズなので、このエネルギーチャージタイムもあと数回です。

さて、今夜は何かな?

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2014年3月 3日 (月)

リトルマーメイド

所長です。

昨日、劇団四季のリトルマーメイドを観劇しました。

Littlemarmaid

子供が生まれる前にライオンキングを観て以来の劇団四季、子供達は初観劇でした。

リトルマーメイドは去年の4月から公演が始まって以来、子供達を連れて行きたいなぁ、と思ってましたが、やっと行けました。

ミュージカルの場合、幕間の休憩があるとはいえ、3時間近い公演ですから、子供達の集中力が続くかが観劇のポイント。今回、初観劇だったこともあり、公演中ずっと気になっていました。

しかし、ディズニーシーのアトラクションでもお馴染みのリトルマーメイドだったこともあり、オープニングからずっとステージに釘づけ。「Under the sea」では手拍子まで打ち始める始末。集中力が続くかどうかは杞憂に終わりました。

肝心の舞台ですが、キャストの歌もステージセットも素晴らしく、純粋に楽しめて、感動できる作品でした。今、おススメの舞台ですね。

今回、子供達がとても喜んでくれたこともあり、一年に一回くらいはミュージカル観劇もいいなぁ、と思いました。次回候補はベタですが、ライオンキングでしょうか?

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »