« 欲の経営 | トップページ | 人生は感謝の積み重ね »

2014年2月26日 (水)

ケルベロスの肖像

所長です。

海堂尊氏著の「ケルベロスの肖像」。

Kaidokerberos

本作も文庫化に伴い購入。

チームバチスタ・シリーズもこれで完結です。完結篇らしく、今までのシリーズ登場人物が総出演。スピンアウト作品も読んでいるとなお一層広がりを見せる作品でしょう。

ただ、あまりにも今までの作品とのリンクを深めてしまったために、ラストがバタバタ感が出てしまった(無理にまとめた?)ような印象があるのが残念ですね。

これまでのバチスタシリーズではエンターテイメント感がありながら、医療問題に対する提起も忘れない姿勢が人気の秘訣だったかと思います。本作ではちょっと問題提起の部分が弱いかもしれません。又、本シリーズのウリでもある田口・白鳥コンビも印象が薄くなってしまっています。

とはいっても、メディカル・エンターテイメントとしての要素はしっかりありますので、楽しめる作品であることは間違いありません。

医師兼作家という著者ならではのメディカル・エンターテイメント。医療の現場における問題提起を固い話題にすることなく、お茶の間に届けたことは大きな貢献ではないでしょうか。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

« 欲の経営 | トップページ | 人生は感謝の積み重ね »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 欲の経営 | トップページ | 人生は感謝の積み重ね »