« 5年で売上2倍 | トップページ | 相続対策に早すぎる、ということはありません »

2014年1月16日 (木)

一流を育てる

所長です。

毎日、寒いですね。でも、元気ハツラツで頑張りましょう!

さて、秋山利輝氏著の「一流を育てる」。

Akiyamamokko

著者はTVでも取り上げられている家具づくりの会社の経営者。機械化が進む現代において、職人の手づくりの家具にこだわり、家具職人の育成に力を入れています。

その顕著な例は、TVで観た方も多いと思いますが、徹底した「丁稚奉公」です。入社の時には女性であろうと丸坊主にされます。全寮制で携帯電話も禁止、恋愛も禁止(アイドルみたいですね。)だそうです。

著者曰く、一流の職人を育成するためには技術よりも心を育成しなければならない、と。入社までに20年近くそれぞれの人生を送ってきた者に対し、心の教育を行うのはとても難しいことです。そのため、365日24時間、徹底した「付きっきり」の教育を実践しているのです。社員教育に力を入れている会社は多くあれども、ここまで徹底した教育を実践している会社は極めて少ないでしょう。

本書で紹介されている心得30箇条はどの業種、職種であってもとても参考になります。ぜひ自社の社員教育に取り入れられてみてはいかがでしょうか?

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

« 5年で売上2倍 | トップページ | 相続対策に早すぎる、ということはありません »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 5年で売上2倍 | トップページ | 相続対策に早すぎる、ということはありません »