« 平成26年度税制改正大綱 | トップページ | 2013年のクリスマス »

2013年12月24日 (火)

ソチへの切符

所長です。

昨日、一昨日とフィギアスケートの全日本選手権に釘づけだった人も多いのではないでしょうか?

今年の全日本選手権はソチ五輪の選考も兼ねているので、4年に一度の五輪への切符を掴むための大会ということで、世間からの注目も高かったですし、選手の気持ちの入りようも半端ではなかったように感じました。

3日に渡り、私もテレビ観戦していましたが(もちろん、最初から最後まで、という訳にはいきませんでしたが)、国内で開催されているせいもあるのかもしれませんが、画面から伝わってくる会場内の雰囲気もかなり緊張感溢れるものでした。(GPシリーズでは空席が目立つ会場もありましたからね。)

昨今の日本フィギア界は素人目にも分かるくらいの充実度で、男子も女子も3人の五輪枠を巡って、まさにしのぎを削る大会だったと思います。

普通の人(という表現が適切か、は置いておいて)の人生において、「数分間」でその人の4年間が評価される場面はないのではないかと思います。しかし、フィギアの選手はその「数分間」に4年分の想いを込めて滑っているのです。だからこそ、観客も魅了され、感動するのでしょうね。

フィギアに限らず、スポーツの世界では多かれ少なかれ、人生を左右するような大会に出くわします。普通の人であっても、きっと人生を左右するような大事な場面があるはずです。そんな時、どれだけ「想い」を込めることができるでしょうか。そこが運命の分かれ道かもしれませんね。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

« 平成26年度税制改正大綱 | トップページ | 2013年のクリスマス »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 平成26年度税制改正大綱 | トップページ | 2013年のクリスマス »