« 2013年のクリスマス | トップページ | データサイエンティスト女子 »

2013年12月26日 (木)

中小企業が400万社を割り込む

所長です。

本日、中小企業の数が400万社を初めて割り、2012年2月時点で約385万社だった、と中小企業庁から発表がありました。(今頃2年近く前の情報、なのですが。)

2009年時点では約420万社でしたから、この3年で約35万社が消滅(自主廃業、倒産など)した計算になります。

リーマンショック後の経済が中小企業にとって、どれだけ厳しいものだったか、よく分かるデータと言えるでしょう。

ただ、その反面、中小企業経営者がどれだけ真摯に「経営」を行ってきたのか、疑問もあります。

本来、企業は一社独立して経済活動を行うものであり、大半の創業者はそのつもりで起業したはずです。しかし、いつしか「大口取引先」に寄りかかり、その大口取引先の景気に支配されるようになってしまいます。

アベノミクスやオリンピック効果で景気は上向いているとはいえ、依然として中小企業にとって厳しい時期が続きます。このような時だからこそ、中小企業経営者は今一度、起業した時の夢や想いを思い出し、「自立型経営」を目指してその第一歩を踏み出して頂きたいと思います。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

« 2013年のクリスマス | トップページ | データサイエンティスト女子 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2013年のクリスマス | トップページ | データサイエンティスト女子 »