« 子供は成長意欲のかたまり | トップページ | ディズニーシー・クリスマスイベント »

2013年12月16日 (月)

二代目が潰す会社、伸ばす会社

所長です。

久保田章市氏著の「二代目が潰す会社、伸ばす会社」。

Nidaimenobasu 

中小企業にとって事業承継はかなり大きなウェートを占める経営課題です。しかし、その大きな経営課題を直視している経営者は極僅かなことも事実です。

経営者は会社を創った瞬間に、自分とは異なる存在である「会社」を「社会の公器」として存続させる責任を負います。法人化していなくても、いわゆる個人商店でも同様のことが言えます。

商売は何をやるにしても、「その会社・店舗を頼りにしてくれる顧客の存在」があるからこそ成り立ちます。つまり、その会社や店舗は顧客にとっては生活の一部と言っても過言ではない存在なのです。その生活の一部である会社や店舗がある日なくなってしまったらどうでしょう?それだけで顧客に迷惑をかけています。

もし、経営者が自分よりも若い従業員を雇用していたらどうでしょう?(ほとんどの会社・店舗で当てはまるケースですよね。)その従業員を定年退職するまで面倒見切れるのでしょうか?定年退職よりも前に店終いしてしまったらその従業員の生活はどうなるのでしょう?

つまり、会社を創る、ということはその会社を永続的な存在にする責任を負う、ということです。しかし、残念ながら人間には寿命があります。どれだけその経営者が優秀でも永遠を生きることはできません。そのため、事業承継への取り組みが必要になるのです。

事業承継できずして経営者の務めを果たしているとは到底言えません。ハッキリ言えば、「経営者失格」なのです。

自分の子供に承継させようと思うのならば、その子供が生まれた瞬間から事業承継は始まります。従業員に承継させようと思うのならば、その採用活動の時から事業承継は始まります。このことをどれだけの経営者が理解しているのでしょうか?

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

« 子供は成長意欲のかたまり | トップページ | ディズニーシー・クリスマスイベント »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 子供は成長意欲のかたまり | トップページ | ディズニーシー・クリスマスイベント »