« 会社経営に影響を及ぼす法改正 | トップページ | 元気祭り2013、いよいよ3日後です! »

2013年11月29日 (金)

女性目線で資産価値アップ

所長です。

昨日は先月オープンした大和ハウス工業二宮工場を視察してきました。

Daiwa201311

今回、視察したのは大和ハウスの賃貸住宅の技術紹介の展示。一流ハウスメーカーの物件ですから、その技術力は折り紙つきですが、何よりも「女性目線」での気配りが秀逸でした。

現在、女性単身者のみならず、カップル、ファミリー向けの物件であっても決定権は女性にあるとのこと。(私も身に覚えが…)

となると、女性目線での気配りは「入居者確保」のために重要な位置づけとなります。新築物件であれば、大抵の物件は人気物件となりますが、築年数が5年、10年と経過するにつれて人気度は下がっていきます。人気度が下がれば、入居率を維持するためには家賃を下げる必要があります。物件オーナーの立場からすれば、家賃が下がるということは自身の収入の減少につながります。これでは当初描いた資産運用に支障をきたします。

しかし、入居者にとって住みやすい物件はある程度築年数が経過しても人気度が下がらず、入居率も下がりません。すなわち、長い目で見れば、いかに入居者のニーズを捉え、満足度を上げるか、に資産運用の成果が掛かっていると言えるでしょう。

その意味ではとても有意義な視察でした。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

« 会社経営に影響を及ぼす法改正 | トップページ | 元気祭り2013、いよいよ3日後です! »

研修会・会議」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 会社経営に影響を及ぼす法改正 | トップページ | 元気祭り2013、いよいよ3日後です! »