« よい社会をつくる仲間 | トップページ | 会社経営に影響を及ぼす法改正 »

2013年11月27日 (水)

組織の方針と自主性

所長です。

昨日はさいたま新都心にて、TKC関東信越会の理事会に出席しておりました。

Tkc201311

会議とはいえ、他県の仲間(というか先輩)に会えるのも楽しみでした。

中には「面倒くさい」「大変」と言う方もいますが、税理士・公認会計士の有志団体であるTKCでは色々な数値目標を掲げ、それに向かって知恵を絞る、という点でとても前向きであり、私としてはモチベーションを高めるのにとても役立っています。

仕事の場面において、「自主性」はもちろん大切ですが、「気まぐれ」や「場当たり的」ではいけません。みんながバラバラに動いては組織としての力が発揮できません。しっかりとした「理念」や「方針」があり、それを達成するための「方法」を理念から外れない範囲で自由に考え、実践することが「自主性」なのです。

今回の会議でもしっかりと「組織の方針」が示され、それを日々の現場の中でいかに実践していくか、自分の中で色々と考えさせられました。こういった取り組みはどんな組織であれ、必要なことだと思います。

会議の後の懇親会では一転、和やかに情報交換ができ、とても有意義な一日でした。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

« よい社会をつくる仲間 | トップページ | 会社経営に影響を及ぼす法改正 »

研修会・会議」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« よい社会をつくる仲間 | トップページ | 会社経営に影響を及ぼす法改正 »