« 組織の方針と自主性 | トップページ | 女性目線で資産価値アップ »

2013年11月28日 (木)

会社経営に影響を及ぼす法改正

所長です。

昨夜は埼玉中小企業家同友会、西部地区会の経営委員会に出席しておりました。

今回は会員である税理士、社会保険労務士という士業に登場して頂き、「会社経営に影響を及ぼす法改正」につきレクチャーして頂きました。

Doyu20131127

税理士として「今が旬」という法改正といえば、何と言っても「消費税」です。来年4月から8%に増税されるということは誰もが知っていることかと思いますが、実は細かい規定については意外と知られていない、というのが実態です。

社会保険労務士からは「有期労働契約」についてレクチャーして頂きました。契約上は「期間限定」の雇用であっても、不用意に「期間更新」をしていると事実上の「無期限雇用」となってしまい、安易な解雇ができなくなるのです。

法改正について、大半の経営者が「知ってるよ」と表面上は仰るのですが、実は「あまり知らない」のが実態です。是非、知ったかぶりをせずに、学べる機会があれば積極的に学んで頂きたいと思います。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

« 組織の方針と自主性 | トップページ | 女性目線で資産価値アップ »

研修会・会議」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 組織の方針と自主性 | トップページ | 女性目線で資産価値アップ »