« ぜったい潰れない会社 | トップページ | 新しい仲間が増えました »

2013年10月31日 (木)

なぜ社員10人でもわかり合えないのか

所長です。

日経トップリーダー編の「なぜ社員10人でもわかり合えないのか」。

Kommy

本書は川口にあるコミーという、鏡を作っている会社の取り組みを紹介したものです。コミーの作っている鏡は実は至る所で目にします。ATMやコンビニなど、防犯用や安全確認用として使用されています。

防犯用や安全確認用として使用される鏡の場合、いかなる場面でどのように使われるかを理解しないと商品力が上がりません。しかし、顧客が素直に求めている商品の仕様を伝えてくれるわけではありません。潜在的な仕様をまさに手さぐりで探り当てるような商品開発が必要なのです。

こういった場合、必要な情報、大事な情報を皆で共有することにより、「文殊の知恵」となりますが、実際には情報の共有は難しいものです。

コミーは10数名の社員規模ですが、それでも意思疎通を図ることに難しさを感じており、そのため、きちんと情報が伝わるための仕組みづくりが徹底されています。そのため、他者を上回る商品開発力を持ち、今では飛行機内にもコミーの鏡が使用されています。

「うちの社員は人の話を聞かないなぁ。」とぼやかず、情報がしっかりと共有できる仕組みづくりを構築しましょう。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

« ぜったい潰れない会社 | トップページ | 新しい仲間が増えました »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ぜったい潰れない会社 | トップページ | 新しい仲間が増えました »