« あまちゃんと半沢直樹 | トップページ | 名義預金のススメ »

2013年10月 1日 (火)

仕事とは人の役に立てること

所長です。

今日から10月ですね。今年も残り3ヶ月、頑張っていきましょう!

さて、昨夜は埼玉中小企業家同友会、青年部幹事会に出席しておりました。会議終了後、ミニ勉強会をしたのですが、そこで出た話題。

Doyu20130930

唐突ですが、「仕事」とは何でしょうか?

まず基本は「生活するために必要なこと」ですよね。労働の対価として金銭を得ることが前提となっています。対価が不要なのであれば、それはボランティアです。「仕事」としてやることは正当な対価を得なければなりません。ですから、「仕事」として、いかに対価を得られるか考えなければなりません。

次に「自己成長につながること」です。仕事のレベルもそうですが、仕事を通じて人としての成長が求められます。「去年と何も変わらない」のは「仕事」ではなく、「作業」なのです。

そして「人の役に立てること」です。これがあるからこそ、仕事を通じて感動を味わうことができるのではないでしょうか。誰からも感謝されることのない「作業」は苦痛ですよね。苦しいことでも、それを乗り越え、人から感謝されることで、「仕事」を一生涯のこととして向き合うことができるのではないでしょうか。

この3要素を満たすことができれば、人は「仕事」を通じて、幸せを感じることができるでしょう。皆様の会社ではいかがでしょうか?

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

« あまちゃんと半沢直樹 | トップページ | 名義預金のススメ »

研修会・会議」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« あまちゃんと半沢直樹 | トップページ | 名義預金のススメ »