« 青年経営者全国交流会 | トップページ | 消費税転嫁対策 »

2013年9月17日 (火)

トッカンvs勤労商工会

所長です。

昨日の台風、皆様大丈夫だったでしょうか?県内でも突風の被害が出ておりますし、各地で洪水や土砂災害も起きています。当事務所の周辺では特別の被害は出ておりませんが、本当に天災はいつやってくるか分かりませんから、日頃からの備えがものを言いますね。

被害に合われた方に心よりお見舞い申し上げます。

さて、高殿円氏著の「トッカンvs勤労商工会」。TVドラマにもなった前作「トッカン」のシリーズ第二弾です。

Tokkan_kinro

本シリーズは税務署職員を主人公に、納税者とのトラブルを描くエンターテイメント作品です。普通、ドラマで税務署職員が登場する時というのは、大抵悪者として描かれると思いますが、本作では主人公が税務署職員。敵は悪質滞納者ということになります。

本作では滞納者でさえ、完全な悪者とせず、人間味のある作品に仕上がってます。ストーリー展開も軽快で、税法の知識のない人でも無理なく読めるでしょう。それでいて、そこかしこに法律知識が散りばめられているので、何となく法律の仕組みが理解できていくかもしれません。それが本作の人気につながっているのかもしれませんね。

現在、TVドラマ「半沢直樹」も人気ですし、実は日頃の生活と接点がありそうでない、一見お堅い職場を舞台としたエンターテイメント作品がウケるのかもしれませんね。

ちなみに、税務署OBの方に本作の感想を求めたら、「こんなにドジな人はそもそも採用されませんよ。」とのこと。まあ、それを言ったらエンターテイメント作品になりませんので…。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

« 青年経営者全国交流会 | トップページ | 消費税転嫁対策 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 青年経営者全国交流会 | トップページ | 消費税転嫁対策 »