« ご当地サイダー | トップページ | あまちゃんと半沢直樹 »

2013年9月27日 (金)

広報も理念で決まる

所長です。

先日、埼玉中小企業家同友会西部地区会の9月例会に出席しました。

今回のテーマは「広報も理念で決まる」。

Doyu201309o

㈱サイキグリーンの斉木氏から問題提起報告として、自社の広報について語って頂き、その後、参加者でのグループ討論を行いました。

皆様の会社では広報活動としてどのような取り組みをされているでしょうか?もっともメジャーなのは新聞の折り込みチラシでしょうか。最近の傾向としてはインターネットを活用し、ホームページやブログ、Facebookといった所も増えていると思います。

では、その広報ツールにどのような情報を掲載していますか?単に「売りたい商品の情報」ばかり載せていませんか?「売りたい欲」が全面に出た広告に釣られるのは「買い叩きたい客」です。商売として見た時に、どうしても収益性が悪くなると思います。大企業のように「薄利多売」が出来るのであれば、それもまた良しかもしれませんが、中小企業の場合、あまりいい選択ではない気がします。

結果的に収益性が良くなるのは、「自社にとって、好ましい客に恵まれる」状態です。そのためには自社の経営理念が反映された広報ツールでなければならない、つまり、「広報も理念で決まる」のです。

限られた予算の中で取り組むものだからこそ、こだわりが必要なのだとも言えますね。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

« ご当地サイダー | トップページ | あまちゃんと半沢直樹 »

研修会・会議」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ご当地サイダー | トップページ | あまちゃんと半沢直樹 »