« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月30日 (月)

あまちゃんと半沢直樹

所長です。

早いもので今日で9月も終わり。明日からはいよいよ10月です。

一年のうち、4分の3が終わり、クールビズも終わるという会社も多いでしょう。(長い所は10月まででしょうか。)

暦の上での変化だけでなく、今日はTV番組についても気分が変わった方が多いかもしれません。

昨日(29日)の夜は「半沢直樹」がなかったですし、今朝は「あまちゃん」がありませんでした。この2つはすっかりこの数ヶ月のライフサイクルとなってしまっている方が多いようです。

私は幸か不幸か、ライフサイクル化されておらず、「半沢直樹」は録画したものを後からゆっくり時間がある時に見ている感じですし(「八重の桜」も同様です。)、「あまちゃん」は全く見ていませんでした。(NHKの朝ドラ自体、見る習慣がありません。)

ちなみに、「半沢直樹」は昨日、第四話を見ました。まだ大阪です。5億円の回収もできていません。(でもFacebookで皆さんが色々投稿して頂いているお蔭でストーリー展開はほぼ予想できます。)

高視聴率の国民的番組が同時期にかぶるのは珍しい気もしますが、年末の流行語大賞の行方が今から気になる所です。(「倍返し」か「じぇじぇ」ですか?)

さて、今年も残り3ヶ月、ラストスパートで頑張りましょう!

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2013年9月27日 (金)

広報も理念で決まる

所長です。

先日、埼玉中小企業家同友会西部地区会の9月例会に出席しました。

今回のテーマは「広報も理念で決まる」。

Doyu201309o

㈱サイキグリーンの斉木氏から問題提起報告として、自社の広報について語って頂き、その後、参加者でのグループ討論を行いました。

皆様の会社では広報活動としてどのような取り組みをされているでしょうか?もっともメジャーなのは新聞の折り込みチラシでしょうか。最近の傾向としてはインターネットを活用し、ホームページやブログ、Facebookといった所も増えていると思います。

では、その広報ツールにどのような情報を掲載していますか?単に「売りたい商品の情報」ばかり載せていませんか?「売りたい欲」が全面に出た広告に釣られるのは「買い叩きたい客」です。商売として見た時に、どうしても収益性が悪くなると思います。大企業のように「薄利多売」が出来るのであれば、それもまた良しかもしれませんが、中小企業の場合、あまりいい選択ではない気がします。

結果的に収益性が良くなるのは、「自社にとって、好ましい客に恵まれる」状態です。そのためには自社の経営理念が反映された広報ツールでなければならない、つまり、「広報も理念で決まる」のです。

限られた予算の中で取り組むものだからこそ、こだわりが必要なのだとも言えますね。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2013年9月26日 (木)

ご当地サイダー

職員・宮司です。

少し前までは、酒税法の改正により地域の特色を生かした「地ビール」が話題になっていましたが、最近は「地サイダー」もあるのは知っていますか?

埼玉県でも一番有名なのは「大宮盆栽だ~!!」(←ダジャレじゃん!!)があります。大宮が盆栽の街なので、アピールの為にこの名前にしたと思いますが、インパクトは十分だと思います。

また川越でも「蔵の街さいだぁ」がありますし、全国の色々な場所でその土地ならではのモノが売られています。変わり種としては香川県には「醤油サイダー」や広島県には「もみじ饅頭風味ラムネ」があるみたいですよ(@_@;)

今回私はお彼岸に静岡に行ってきたので、探してみました。そうすると

Miyaji201309c

やはりありました「みかんサイダー」や「富士山サイダー」など、、、

その中で私は一番インパクトがある「しずおか茶コーラ」(サイダーとコーラの違いがよく分かりませんが^^;)を買ってみました。

見た目は少々マズそうかもしれませんが、、、味はほぼ普通のコーラと変わらなく、すこ~し後味にお茶の味がする感じです。。。

皆さんも、どこかにお出かけの際にはぜひ探してみてください!

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2013年9月25日 (水)

ブドウ狩り

所長です。

先日、ドライブがてらに訪れた勝沼。勝沼といえばブドウ。ブドウは今が旬!

ということで、急遽、ブドウ狩りに。

Katsunuma201309a

私も初めてなら、子供達も初めて。家族4人、全員初ブドウ狩りという状態にも関わらず、飛び込みで入ったブドウ園の方は親切丁寧に対応して下さいました。

どのブドウがどういう特徴を持っているのか、食べ比べをしながら教えて頂きました。そして食べ頃のブドウの見分け方までレクチャーして頂き、まさにハズレなしのブドウ狩りとなりました。

収穫したブドウの房を改めて見ると、デパ地下に並ぶレベル。糖度もハンパじゃありません。それでいて値段はおそらくデパ地下の半値程度。これはもう、ブドウ狩りにハマりますね。

Katsunuma201309b

とまあ、かつてなら日帰りコースではなかった山梨が圏央道の開通に伴い、半日あれば十分楽しめる距離になりました。(私の自宅から勝沼まで、90分あれば余裕です。)

先日、リニア新幹線の開通のニュースが話題になりました。開通すれば東京-名古屋間が40分になるとか。所用時間は池袋-鶴ヶ島間と一緒です。リニア新幹線が全国展開することになれば、国内の移動時間の短縮に拍車がかかるでしょう。

ビジネスとして見れば、外部環境は絶えず変化しています。それに対して内部環境はいかがでしょうか?外部環境の変化によって経営が左右されてしまうのでは、経営者の力量が足りないことを露呈していることになります。外部環境の変化はピンチではなく、常にチャンスとして捉えるのが経営者なのです。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2013年9月24日 (火)

会社の目的は利益じゃない

所長です。

「暑さ、寒さも彼岸まで。」ということで、だいぶ涼しくなりましたね。油断していると風邪をひきますから気をつけましょう。

さて、ネッツ南国相談役、横田英毅氏著の「会社の目的は利益じゃない」。

Netzmokuteki

高知県でトヨタ系列のディーラーを経営する著者。今では珍しくない来店型のディーラーですが、同社では早くから訪問販売型から来店型へシフトし、来店した顧客へのきめ細やかなサービスでファンを増やしてきました。

地道に根強いファンを作ってきた結果、リーマンショックの時も業績を落とさずに好業績をキープしてきました。同社の「強い会社づくり」の秘訣はどこにあるのか。

一番のキーポイントは何と言っても「人づくり」にあるでしょう。同社では採用時からじっくりと時間をかけ、経営理念に合う新卒生を採用し、さらにじっくりと成長させていきます。自主性に目覚めたスタッフは何が顧客のためになるのか自ら考え、行動し、そしてまた顧客から感謝されるというプラスのスパイラルが起こります。

利益のためだけに「人を使う」会社は長期的に見れば成長できず、期待した利益も持続できないのではないでしょうか。会社経営にとって良いこととは何か、横田イズムのつまった一冊といえます。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2013年9月20日 (金)

新型iPhone、発売

所長です。

今日、新型iPhone(5s、5c)が発売されましたね。(写真はイメージ図です。私は行ってませんよ。)

Apple20130920

数日前から銀座のアップルストア前に並んでいる人もいて話題になっていました。

未だにiPhone4を使用している私にとっては、半ば「もうついていけない」という感覚になってしまいます(ドラクエⅢまでしかやっていないのに、いつの間にかⅩまで発売されていた、という感覚でしょうか?)が、もしかして、もう購入された方いますでしょうか?

今回の新機種発売はiPhoneそのものの機能というよりも、カラーリングの豊富さだったり、キャリアにNTTドコモが加わった、という「選択肢」に注目が集まっている気がします。

今回のニュースを見ていると、企業は商品そのものの品質を高めることはもちろんのこと、売り方や売るタイミングを推し量ることも大切なのだ、ということを感じました。

中小企業では大企業に負けないだけの商品力を備えた企業が少なくありません。しかし、売り方が悪く、せっかくの商品価値が消費者に伝わらないことがままあるのです。中小企業経営者はこの点についてはもう少し学んだ方がいいのかもしれませんね。

ちなみに、NTTドコモでの新機種購入(乗り換え)に心が揺らいでいる私でした。NTTドコモ版で購入された方、ぜひ感想を教えて下さい。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2013年9月19日 (木)

女性社員のホンネ

所長です。

社会保険労務士、長沢有紀氏著の「女性社員のホンネ」。

Nagasawahonne

著者は社会保険労務士として多くの会社を指導してきた過程の中で、いかに人を活かすかが職場の活性化につながる、ということを熟知されているようです。

「人を活かす」ということの中で、もしかしたら最も難しいのが、「女性の部下」かもしれません。その「女性の部下」が活き活き働いてくれたら、きっと職場は明るく、楽しい雰囲気に包まれるでしょう。

職場の雰囲気がいいと仕事もいい結果が出やすくなります。チーム競技のスポーツでも同じことが言えるでしょう。感情を持つ人間が集う場ですから、お互いの感情がプラスに作用するのか、マイナスに作用するのかでパフォーマンスに大きな差が生まれるのです。

では、どうしたら「女性の部下」が活き活きとしてくれるのか。これは男性上司にとって永遠の課題かもしれません。その課題にやさしくアプローチしてくれるのが本書です。

女性ならではの視点で、女性社員のホンネを教えてくれます。これはもう、男性上司必見の一冊かもしれません。もしかしたら、本書を読むことで女性社員のホンネが見えてしまい、毎日が怖くなってしまうかもしれませんが。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2013年9月18日 (水)

消費税転嫁対策

所長です。

昨日は中小企業基盤整備機構主催の消費税転嫁対策講師養成研修会に出席しておりました。来月、消費税転嫁対策の研修会の講師依頼を受けていることもあっての出席でした。

Tenkataisaku

予定では来年4月に現在5%の消費税が8%に引き上げられます。これについては皆様ご承知のことかと思いますが、中小企業にとって大きな問題です。

現在でも大手から5%の消費税相当額の値引きを要求されている中小企業は少なくないと思います。優位的立場を利用しての値引き要請は独占禁止法違反であり、不法行為なのですが、所轄の公正取引委員会だけではこのような事案を取り締まるのは現実的ではありません。

そこで、来月から施行される消費税転嫁対策法では中小企業庁などからも取り締まることができるような制度になります。

細かい内容はこの場ではお伝えできませんが、これから各地で消費税転嫁対策の研修会が開催される予定です。ぜひご都合つけて、近隣の会場に足を運んで頂けたら、と思います。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2013年9月17日 (火)

トッカンvs勤労商工会

所長です。

昨日の台風、皆様大丈夫だったでしょうか?県内でも突風の被害が出ておりますし、各地で洪水や土砂災害も起きています。当事務所の周辺では特別の被害は出ておりませんが、本当に天災はいつやってくるか分かりませんから、日頃からの備えがものを言いますね。

被害に合われた方に心よりお見舞い申し上げます。

さて、高殿円氏著の「トッカンvs勤労商工会」。TVドラマにもなった前作「トッカン」のシリーズ第二弾です。

Tokkan_kinro

本シリーズは税務署職員を主人公に、納税者とのトラブルを描くエンターテイメント作品です。普通、ドラマで税務署職員が登場する時というのは、大抵悪者として描かれると思いますが、本作では主人公が税務署職員。敵は悪質滞納者ということになります。

本作では滞納者でさえ、完全な悪者とせず、人間味のある作品に仕上がってます。ストーリー展開も軽快で、税法の知識のない人でも無理なく読めるでしょう。それでいて、そこかしこに法律知識が散りばめられているので、何となく法律の仕組みが理解できていくかもしれません。それが本作の人気につながっているのかもしれませんね。

現在、TVドラマ「半沢直樹」も人気ですし、実は日頃の生活と接点がありそうでない、一見お堅い職場を舞台としたエンターテイメント作品がウケるのかもしれませんね。

ちなみに、税務署OBの方に本作の感想を求めたら、「こんなにドジな人はそもそも採用されませんよ。」とのこと。まあ、それを言ったらエンターテイメント作品になりませんので…。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2013年9月13日 (金)

青年経営者全国交流会

所長です。

昨日、今日と新宿京王プラザホテルで開催された中小企業家同友会、青年経営者全国交流会に出席してきました。

Doyu20130912a1

総勢1600人の青年経営者が全国から集うこのイベント、まず初日は16の分科会に分かれ、約2時間のディスカッションを行いました。

私が出席したのは㈱アートエンディング代表取締役、西本淳弥氏が報告者を務める「差別化の原点は人」、つまり「社員教育」をテーマにした分科会。

Doyu20130912c1

全国から集まった青年経営者と社員教育について熱く語り合い、2時間があっという間に過ぎてしまいました。

二日目は㈱マザーハウス代表取締役、山口絵理子氏の記念講演。

Doyu20130912l1

バングラディッシュやネパールでのビジネスを成功させた、熱い情熱を持つ山口氏。実体験をもとにした熱い講演で改めて、経営とは何か、人間として生きるということは何か、色々考えさせられました。

Doyu20130912n1

講演後に写真も撮って頂き、本当に大満足の二日間でした。また経営者としても頑張っていこう、と決意も新たにしました。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2013年9月12日 (木)

いま問われるTKC会計人の覚悟

所長です。

先日、TKC経営支援実務研修会、「いま問われるTKC会計人の覚悟」に出席しました。

Tkc_jitsumu201309

なにやら重たいタイトルの研修ですが、私個人的には「まさにTKC会計人の覚悟が問われている」と感じています。

現在、中小企業経営力強化支援法という「頑張る中小企業を応援する」施策があり、これに基づいて融資や補助金、減税といった中小企業支援が実施されています。これを現場で活用して頂けるよう中小企業を支援するのが「経営革新等支援機関」、いわゆる認定支援機関です。

この認定支援機関に多くの税理士が認定されていますが、現実には経営計画を作成したこともない者も含まれていたり、補助金申請の成功報酬を狙っている者もいたり、と当初の中小企業支援という志を見失っている感があります。

認定支援機関の認定を受けている方は自らの意思で申請し、認定を受けているわけですから、その社会的責任をしっかりと果たして頂きたいと思います。

と同時に、本制度は「頑張る中小企業の支援」ですから、そもそも頑張っていない中小企業には適用されません。現在の「頑張る中小企業」の定義は、経営計画の策定とそれに基づくPDCAサイクルの構築です。認定支援機関がしっかりとサポートしますので、経営者の皆さん、頑張りましょう!

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2013年9月11日 (水)

日帰り長野

所長です。

先週開催した当事務所主催の経営者塾、「リーダーズカフェ2013」の当日のことです。私は大宮駅で始発の長野新幹線に乗車していました。

長野で開催される「TKC関東信越会ながの秋期大学」に出席するためです。当日9時からTKC関東信越会の理事会が開催されるため、朝一での出勤となりました。

Nagano201309a

始発の新幹線に乗らなければならない、ということであまり朝食を食べてこなかった私は大宮駅で駅弁を買い、ちょっと旅情に浸りながら、長野まで読書でもしていこう計画を発動させました。

しかし、

Nagano201309b

お目当ての駅弁屋がまだ開店前でした。仕方なく、キオスクでカツサンドを購入。しかし、新幹線のホームに着くと、そこで駅弁屋がしっかり営業していました。(ガッカリ。そういえば、京都で始発の新幹線に乗った時もホームの売店は営業してました。)

でも、万世のカツサンドが美味しかったので良しとしましょう。

無事、時間通り長野に到着し、理事会、定時総会と粛々と進み、午後からいよいよ秋期大学開校。今回の特別講演はTVでもおなじみ、弁護士の北村先生ということもあり、場内は期待いっぱい。

しかし、

Nagano201309c

そうです、私にはリーダーズカフェがあったのです。泣く泣く、北村弁護士の講演を聴かずに帰路へ。約7時間の長野滞在となりました。次回はしっかり善光寺参りをしたいと思います。

帰路も無事、予定時刻に川越到着。リーダーズカフェも予定通り開催することができました。皆様、来月の最終回もどうぞ宜しくお願い致します。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2013年9月10日 (火)

リーダーズカフェ2013 第4回、開催

職員の矢部です。

先週リーダーズカフェ2013、第4回が開催されました。

前半は「月次経営チェックノート」の中の「行動計画管理シート」の活用方法について説明しました。

Seminar201309a

経営目標を達成するために、何をすればよいのか、具体的な行動を定量的に示さなければなりません。行動計画は定量的に示さなければ、やる人によって尺度が変わってしまい、期待する成果に辿り着けないでしょう。

又、実際にその行動計画を実行したのか、実行した結果、経営目標が達成できたのか、しっかりと見直すことも重要なのです。

後半は「社長の銀行交渉術」についてディスカッションをメインとした講義を行いました。

Seminar201309b

皆さんは「銀行交渉」というとどのようなものを想像するでしょうか?「どうか私に1億円、貸して下さい。」というように、単なる金普請になっていないでしょうか。

例えば、「新工場の建設に1億円必要だ。」という場合はどうでしょうか?この時、社長が欲しいのは「現金1億円」でしょうか、「新工場」でしょうか?「新工場」ですよね。もっといえば、「新工場で行う新たなビジネス」ですよね。

しかし、実際の融資の相談の場では単に「1億円貸して」という話になっており、本題の「どういう工場を建設し、どういうビジネスを行っていくか」という点が論理的に説明できていないことが多いと思います。今回はその視点を強く意識して頂くようなディスカッションを行いました。

皆さん、白熱したディスカッションで、のども乾いたのではないでしょうか。場所を変え美味しい食事とお酒を頂きながら、研修会での続きで盛り上がりました。

いよいよ次回は最終回になります。是非、興味のある方はお気軽に参加してください。

  

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2013年9月 9日 (月)

秋の気配

職員の矢部です。

8月は毎日非常に暑い日が続き体にはきつかったと思いますが、9月に入るとちょっとだけ涼しくなったような気がしましたが、気のせいでしょうか?

それと、今週は不順な天候が続き大雨が降ったり、竜巻が発生したりと被害まででています。

しかし、夜になると確実に涼しくなり虫もよく泣いていますよね。

そんな中、秋の風情だと思いますが、早くも稲刈りを見ました。でも年々、稲刈りの時期が早くなっているように感じますが皆さんどう思いますか?

もちろん品種改良もあると思いますが、気候が熱帯化しているのでしょうか。

Yabe201309

農家の方に今年のお米の出来を聞きますと、暑さが続き水不足もあったりしてあまり良くなかったようです。

それにしても、あと少しで新米が食べられます。楽しみですよね。

これからは、天候も和らぎ過ごし易くなりますので、月並みですが勉強に運動に仕事に頑張りましょう。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2013年9月 6日 (金)

山口県の元気な企業~その2

職員の今井です。

先月、山口県へ里帰りした事をこのブログで報告しました。その際、私が埼玉県に来るまで勤めていた会社にご挨拶がてら遊びに行ってきました。

その会社は、山口県防府市にあるazというブティックです。私はそこで経理をしていました。

久し振りに会う元同僚や先輩達との話は、離れていた年月を一気に埋めてくれるほど、楽しいものでした。今や会長となった当時の私のボス(社長)ともゆっくり話が出来ました。

会長は、当時から各店のその日の売上を非常に気にする人でした。翌日の朝には全店の売上が一覧で出ていなくてはならず、昼には入力した各店の細かいデータを分析する人でした。

私は日々その入力作業に追われ、「何でこんなに急ぐ必要があるんだろう?」「少しくらい遅れたっていいのに」などと不満に思っていたものです。

今こうして会計事務所に勤めているからこそ、日々の売上や会計数値の確認が中小企業にとってとても重要であることが解ります。

私は「何で会長はそんなに早く数字が見たかったのか?」と率直に聴いてみました。すると会長は「僕は(数字がないと)不安でしょうがなかったんよ。」(山口弁)と答えました。

その言葉は、私の心を貫きました。ああ、社長って職業は、人に弱音を吐けず、孤独で、重責があって、こんなにも大変なものなんだと。私はそんな社長の気持ちも知らず、能天気だったんだなと。

そして、私がこうして会計事務所の一員として居る意味を考えました。少しでも中小企業の経営改善のお手伝いが出来るように、私に出来ることを精一杯実践していきたいと思いました。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2013年9月 5日 (木)

経営者とは

所長です。

日経トップリーダー編の「経営者とは~稲盛和夫とその門下生たち」。

Inamorikeieisha

本書は稲盛氏について書かれた部分と盛和塾の塾生について書かれた部分があり、その双方を通して稲盛氏の経営哲学、そして経営者とは何たるかに触れることができます。

しかし、私は本書が塾生についても触れていることで、「学ぶ姿勢」についても大いに学べる一冊だと思います。

同じ話を聞いていても、大いに感じる人とそうでない人がいます。同じ講演会場にいて、つまり、同じ空気を吸っていたとしても、です。

その違いはもちろん、その時のその人の成長度にもよるでしょう。例えば、子供が感動する映画と大人が感動する映画は違いますよね?大人にとって、ジワジワ感動してくる映画はおそらく子供にとっては退屈な作品に映るでしょう。

しかし、それだけではありません。聴く姿勢、学ぶ姿勢によっても大きな差が出ます。TVでサッカー中継を観戦していても、熱心に応援しながら観ている人と上の空で見ている人では、途中で試合経過を聞いても返ってくる答えは違うものになるでしょう。

伸びている会社の経営者は聴く姿勢、学ぶ姿勢が一流です。そうでない経営者は同じ話を聞いても愚痴をこぼしたり、単に「いい話だったね。」で片づけてしまいます。

そういった意味を含めて、本書は「経営者とは何ぞや」と問いかけてくる良書だと思います。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2013年9月 4日 (水)

天然氷を使ったかき氷

職員・宮司です。

秩父にある「阿左美冷蔵」のかき氷を食べてきました。

Miyaji201309a

天然氷は、冬に時間をかけてゆっくり作った氷のこと。今では、日本で天然氷を作っている場所は軽井沢、日光、秩父だけになっているとか。。。

また、食べるとふわふわで、頭がキーンと痛くならないことが特徴です。今年もこれだけの猛暑なので、かき氷を食べるために2~3時間待ちは当たり前の状態だった、との事です。

私が行ったときは、閉店時間間際だったので、カフェの方は閉まっていましたが、テイクアウトのみ、並ばずに受け付けてくれました(^_^)v

Miyaji201309b

テイクアウトの方は、シロップかけ放題(数えませんでしたが、10種類はあると思います。)との事でしたので、私は欲張って「みかん」「キャラメルコーヒー」「ぶどう」「メロン」など、、、最後には味が混ざって、何が何だかわからない状態になりました。

が、、、シロップはよくあるような甘ったるい感じではなく、氷がとけて飲めてしまうほど美味しいです。かなり氷の量も多いのですが、ふわふわで軽いこともあって全部食べられます!

私は「宝登山道店」には行ったことがありますが、今回行ってみた「金崎本店」のカフェはまだ行ったことがないので、次回はぜひカフェの方でオリジナルシロップを狙って、行ってみたいと思います。

まだ食べたことがない方は、ぜひ1度は行ってみて下さ~い(^^)/

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2013年9月 3日 (火)

まさか、の越谷

所長です。

まずは昨日の竜巻で被害に会われた方々、心よりお見舞い申し上げます。

昨夜、帰宅後のTVニュースで目を疑いました。

以前、つくばで竜巻被害があった時、今までは竜巻被害というとアメリカのイメージだったのが、ついに日本でも起きたことで、日本の亜熱帯化が進んでいることを実感しました。(アメリカの竜巻と比べれば規模は小さいのでしょうけども。)

それが今度はいよいよ埼玉県内です。

東京湾から流れ込む湿った南風と上空の寒気がぶつかり、起こる自然現象ですが、もう遠い国の出来事ではなく、いつどこで起きてもおかしくないものになりつつあります。

竜巻が起きる時には積乱雲(特にスーパーセル)が発生するので、これからは雷注意報だけでも十分注意する必要があるのかもしれません。まだまだ大気不安定な日があるでしょうから気をつけましょう。

注意してもしきれないものかもしれませんが、こういったニュースを他人事にせず、注意喚起すると同時に、被害に合われた方々への支援がどういった形で出来るのか、念頭に置いて行動しなければいけませんね。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2013年9月 2日 (月)

小さな会社のマーケティング活用術

所長です。

さあ、9月ですね。今日から新学期、という子供達も多いと思います。気合い入れ直していきましょう!

さて、海江田博士氏著の「小さな会社のマーケティング活用術」。

Kaieda

マーケティングというと、何やら大企業がやるようなもの、というイメージがあるでしょうか?

本来、ビジネスをやるのにマーケティングは規模の大小に関わらず、必要なハズです。しかし、一般的にはマーケティングをするには高額なコンサル費用が必要となるため、中小企業にとって敷居が高くなってしまっているのが現状でしょう。

しかし、それは大企業と同じようなマーケティングをやろうとしているからではないでしょうか。

そもそも大企業とはビジネスのやり方が違うのですから、中小企業には中小企業流のマーケティングがあってもよいでしょう。マーケティングとはそもそも市場のニーズを知ることであり、分厚いレポートを作成することではありません。そうであれば、大企業と違い、顧客との距離感が近い中小企業経営者は自らのビジネスを通じて、常に顧客や市場のニーズを探る意識を持つことで、自然とマーケティングが出来るようになるのではないでしょうか。

本書は中小企業ならではのマーケティング手法を分かりやすく解説しています。今や中小企業でも営業戦略が必須の時代であり、営業にも効率性が求められます。成果をあげる営業活動を行うためにも、マーケティングを理解しておく必要があります。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »