« 本物の海女さん | トップページ | リーダーズカフェ~手書きから得られるもの »

2013年8月 2日 (金)

1年で会社を黒字にする方法

所長です。

いよいよ8月に突入、まさに夏本番という所ですが、なんだかもう長い夏を過ごしたかのような気配が漂っています。早かった梅雨明け、度重なるゲリラ豪雨、今年の夏の後半戦、どうなるでしょうか。

さて、武田雄治氏著の「1年で会社を黒字にする方法」。

1nenkuroji

リーマンショック以来、長引く不況。アベノミクスもまだまだ中小企業に恩恵を与えるまでには至っていません。そんな中、「1年で黒字」とはいかなる魔法か?

それは「社長が数字に強くなる」ことです。

最近、「事業再生」について、第二会社やDDSのような「再生テクニック」を紹介する書籍が増えたような気がします。すると、「このようなテクニックを使えば、うちの会社もどうにかなるのでは?」という勘違いをする経営者もチラホラ。

しかし、書籍で紹介されているような「再生テクニック」を使うためにはそもそも、「この事業だけなら黒字」というものがなければいけません。つまり、「他の赤字事業を整理できれば何とかなる」という状態です。

そう考えるとやはりテクニックだけではどうにもならず、しっかりとした黒字体質を作らなければならないのです。健康診断と一緒で会社の病巣はしっかりと数字に出ます。経営者でありながら決算書が読めない、というのは経営者失格なのです。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

« 本物の海女さん | トップページ | リーダーズカフェ~手書きから得られるもの »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 本物の海女さん | トップページ | リーダーズカフェ~手書きから得られるもの »