« 講師デビュー! | トップページ | 山口県の元気な企業 »

2013年8月20日 (火)

インターンシップ、始まりました

所長です。

昨日より当事務所にフレッシュな顏が増えました。期間限定ですが。

ご縁を頂いた駿河台大学さんからインターンシップ生が来ているのです。

Intern20130819a

インターンシップとは、学生が実際に企業で働き、「現実の労働」に触れ、就職活動の糧とする、いわば「就活の一環」です。

アルバイトではなく、大学のカリキュラムの一環ですから、企業側の費用負担はありませんが、右も左も分からない学生を放ってもおけないので、職場の作業効率が下がることは言うまでもありません。

ではなぜ、インターンシップ生の受け入れをするのか。社会貢献だとか、社員教育だとか、色々な考え方があると思いますが、私は中小企業こそ、インターンシップ生の受け入れをするべきだと思います。

まず、毎年新卒雇用ができる中小企業は少ないでしょう。となると、従業員の固定化が避けられません。短期間とはいえ、フレッシュな顏が増えるだけで職場は新鮮な刺激を受けることでしょう。

又、一般的に学生は中小企業に対する理解があまりありません。その学生に会社のこと、仕事のこと、将来のことを語る度に、中小企業の特性について改めて考えるきっかけになるでしょう。

皆様の地元にもインターンシップ生の受け入れ先企業を探している大学があるはずです。ぜひ声を掛けてみてはいかがでしょうか?きっといい機会になると思いますよ。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

« 講師デビュー! | トップページ | 山口県の元気な企業 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 講師デビュー! | トップページ | 山口県の元気な企業 »