« インターンシップ、始まりました | トップページ | 次世代のリーダーにふさわしい経営者たれ! »

2013年8月21日 (水)

山口県の元気な企業

職員の今井です。

夏休みを頂いて、実家のある山口県に里帰りしてきました。今回は少し時間的に余裕があったので、「行ったことのないところ」をテーマに、あちこち行ってきました。

その中のひとつが、岩国市にある旭酒造㈱です。

日本酒の「獺祭(だっさい)」の蔵元というとピンとくる方もいらっしゃるかもしれません。全国の日本酒や地酒のランキングで常に上位に入り、雑誌などにも頻繁に紹介される有名な日本酒を造っています。

Imai201308a

「おいしいお酒、楽しむお酒」を目指し、国内最高峰とされる精米方法や、純米大吟醸の持つ風味や香りを損なわない遠心分離という手法など、品質に特別なこだわりがあります。

こだわり抜いた酒造りに共鳴してくれる酒販店とのみ契約を結んでいるので、販売店舗は少なく、どこででも売っているというわけではありません。

また日本酒の美味しさを海外にも広めたいということで、ニューヨークやパリなど海外にも積極的に打って出て、高い評価を得ています。

さらに、蔵元に行けば、蔵見学も出来、おいしい酒造りの工程を間近で見ることができます。

私が行った時は、定員オーバーで残念ながら見学は出来ませんでしたが、外観から見る蔵は、新しくて大きくて、会社の持つ勢いというのを感じました。

Imai201308b

とは言っても、店自体は、昔ながらの酒屋さんという風情で、古めかしい小さなお店でした(失礼)。

Imai201308c

どんな商品を造りたいのか?どこにこだわってお金をかけるのか?誰をターゲットにどういう販売戦略をたてるのか?などということが、考え抜かれた結果なんだなと納得しました。

「獺祭」は、新幹線の駅や空港などでも買えますが、直接蔵元を見て発見する事も多く、行って良かったと思いました。

最近、工場見学ツアーが流行っていますよね。自分の会社に取り入れたいことなど、沢山のヒントがあるかもしれません。機会があれば、ものづくりの現場に実際に足を運んでみることをお勧めします。

私は今、この「獺祭」をいつ、どうやって愉しもうか・・・思案中です。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

« インターンシップ、始まりました | トップページ | 次世代のリーダーにふさわしい経営者たれ! »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« インターンシップ、始まりました | トップページ | 次世代のリーダーにふさわしい経営者たれ! »